TOP > 映画作品を探す > ソードフィッシュ > レビュー

投稿レビュー(6件)ソードフィッシュは星3つ

トラボルタとウルヴァリン&ストーム♪ (投稿日:2012年7月25日)

ジョン・トラボルタは、他人を見透かしたような悪役をやると、まさにビンゴだと思う。
天才的犯罪者役をトラボルタが演じる...個人的には、これだけでけっこ~満足。

しかし、この映画...なかなか中身もしっかりしておる。

ミスディレクション(意図的誤誘導)と呼ばれる、各処に散りばめられた罠。
一筋縄ではいかないストーリーを、ちゃんと布石を練り込んだ上で、見事に創り上げてます。

また、爆破シーンをはじめとする映像や、音楽もとても良かった。
サントラもオススメ。 »ガイドライン違反報告

投稿:Takahiro

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

アクション映画?どんでん返しのサスペンス?いいえ、それ以上! (投稿日:2012年2月5日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

これ、ただのアクション映画、ただのどんでん返し映画だと思って見てたら損ですよ。

ガブリエル・・・
最後まで本名は分からないのでガブリエルのままで話を進めると、

彼は愛国主義者。
アメリカという国をテロリストの脅威から守ろうとしている。
政府の汚れたお金を盗み、それを使ってテロリストを排除する。
まるで正義のヒーロー。
しかし、多くの人々を救うためには、多少の犠牲は厭わない。手段も選ばない。
彼は言う、「自分の命も必要であれば惜しまない」「1やられれば10返す」。

犠牲になるのが自分や自分の家族だったらガブリエルは極悪非道の人間に見えるかもしれないが、
そうでない場合、誰かが犠牲になって自国を狙うテロリストが排除されるなら私は喜ぶでしょうね。
そんな私のほうが冷酷!?

簡単に悪か正義か裁けない、非常に曖昧な立場の人間なんです。

911前に公開された映画のようですね。
こう真っ向からテロリストを題材にした映画はハリウッドではこれ以降は控えられているようです。
貴重な映画ですね。

ジョン・トラボルタ、ハル・ベリー素晴らしかった。
ヒューはハッカーとしてはセクシーすぎました。オタク系ジョン・キューザックもよい気がしました。
»ガイドライン違反報告

投稿:morimori

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

何度見ても (投稿日:2011年11月11日)

スピード感があって見始めると最後まであっという間。
冒頭の爆破シーンとか中盤のカーチェイスとか終盤のバスジャックとか
見どころもいろいろ。キャストも豪華だし。
ちょっと謎かけっぽいところもあって
1度見ただけでは?が残るかも。
まぁでも、あまり難しく考えず、
アクションすごーいって感じで気軽に楽しむのもよいかと。
ヒュージャックマンかっこいいしね。
»ガイドライン違反報告

投稿:gyaochu

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

激しいVFK映像『ソードフィッシュ』 (投稿日:2009年1月11日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

度肝を抜く爆発シーンは、VFXによる過激な映像となっている『ソードフィッシュ』(2001年アメリカ制作)。冒頭、人質に付けられたC-4爆弾、この起爆装置は各人質の首と結束されたボール・ベアリング箱によってである。犯人が起爆させるか、無理に動かし、ボール・ベアリングの結束が外れた時、凄惨なシーンとなる。大爆発によって、多くの人が吹っ飛ばされるのである。このシーンを観ただけでも、この映画の過激映像が、かいま見れるのだ。天才的な頭脳を駆使して大金強奪を目論む犯罪者と、その計画に巻き込まれた天才ハッカーが繰り広げるスリリングな頭脳戦を描くサスペンス・アクション。監督は『60セカンズ』のドミニク・セナ。出演は『フェイス/オフ』のジョン・トラヴォルタ、『X-メン』シリーズのヒュー・ジャックマン、『パーフェクト・ストレンジャー』のハル・ベリー。
 「ハリウッドはクソみたいな映画を作ってる……」と、カメラに向かって気楽に語っている男(ジョン・トラボルタ)がいる----後にゲイブリエル・シアーとわかるが、それが本名なのかは不明だ。「『狼たちの午後』は、『スカーフェイス』と『ゴッド・ファーザー』を除けばアル・パチーノの傑作だが……」と話し続ける。1972年の真夏の午後、ブルックリンで実際にあった若者2人による無計画な銀行強盗および籠城事件をモチーフにした『狼たちの午後』(75→日本公開76)は、結末が良識的すぎるからクソだと言いたいらしい。「20人、30人と人質が死ぬ……脳みその色までわかる……そんな結末にならなきゃ嘘だよ」。コーヒーショップで対面している男が反論する。「その映画は失敗だね、コケるよ。ハッピーエンドじゃない。最後は必ず正義が勝つ、犯人はやられる運命さ」と。その男、スタンリー・ジョブソン(ヒュー・ジャックマン)はどこか緊張気味だ。二人でコーヒーショップを出ると、周囲はSWATだらけ、パトカーが包囲し、スナイパーも山程いるようだ。向かい側に銀行があり、そこの22人の人質は、全員C-4爆弾とボールベアリング箱を装着させられているという。それぞれの首輪スイッチは、ゲイブリエルが起爆するか、彼から離れすぎると爆発する。と、人質が一人、事態を甘く見たSWAT隊員によって強引に救出されかけて……。「やめろ!」というスタンリーの声も虚しく、目の前で凶悪な惨事が、有り得ない移動視覚で捉えられる----いきなり観客の度肝をぬく始まりだ。
»ガイドライン違反報告

投稿:ドラエモン

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

★ソードフィッシュ ★ (投稿日:2007年11月27日)

吹き替え版がテレビでやっていた。
前にもなんかで見たことあったような気がするんだけど、記憶にはあんまし残ってなかったなぁ。



この映画での見どころは、主人公と悪役の駆け引きだろう。

また最初は敵側の側近と思われていた女が、実は仲間だったという設定もそのひとつかな。

1分という短い時間でコンピュータを操作し事をこなすシーン。
オレは好きだったなぁ^^




テンポ・スピード感があり、気分爽快になると思う。 »ガイドライン違反報告

投稿:★黒猫★

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

繋ぎが… (投稿日:2007年3月17日)

ヒュー・ジャックマン、ジョン・トラボルタ、ハル・ベリーとキャストは豪華で、発想や話、どんでん返しの仕方もすごく面白いんだけど、話の繋げ方がイマイチ。過去の出来事と現在の状況の移り変わりが、中途半端で「あれ?前にどうなって、今こうなってるの?」と感じてしまう。そこがしっかりしていたら、もっと面白い作品になってた。
総評としては、あまり深く考えなければ、楽しめる作品。 »ガイドライン違反報告

投稿:きっちゃん

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ソードフィッシュ > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る