映画-Movie Walker > 作品を探す > 腰抜け列車強盗

「腰抜け二挺拳銃」のノーマン・Z・マクロード監督が、ボブ・ホープを主演に作ったウェスターン・コメディ。ロバート・セント・オーブリーバート・ローレンスの原作を、「偽将軍」のウィリアム・バワーズダニエル・D・ビューチャンプが共同で脚色、撮影を「私は死にたくない」のライオネル・リンドンが担当した。音楽はジョセフ・J・リリー。他の出演者は「黄昏に帰れ」のロンダ・フレミング、「さまよう青春」のウェンデル・コーリージム・デイヴィスグロリア・タルボットウィル・ライトメアリー・ヤングら。製作ジャック・ホープ。総指揮ボブ・ホープ。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

プリマス・ロック保険会社のヘボ外交員ミルフォード(ボブ・ホープ)は、ニューヨークに来た西部男のジェシー・ジェイムズを10万ドルの生命保険に加入させて、一躍男を上げた。ところが、この男は5万ドルの賞金付きのお尋ね者とわかって、会社は大騒ぎとなった。社長はミルフォードに、保険証を取りかえせ、取りかえすまでは彼の命を守れと命令した。ミルフォードはジェシーの根城ミズリー州に向かった。彼が州境を越えた時、ジェシー一味に襲われ、ジェシーにかえす保険料を奪われた。ミルフォードはエンジェル・レストに着いた。彼はジェシーの保険金受け取り人が酒場“汚れた犬”の踊り子ナンバー・ワンで、通称公爵夫人(ロンダ・フレミング)だと知った。彼女はジェシーの婚約者だった。ミルフォードはジェシー一味にまぎれこんだ。彼はジェシーの扮装をして、奴を殺す機会をねらった。ジェシーは公爵夫人との結婚式の日、ミルフォードを岩山で殺そうとした。が、インディアン娘アワニーの知せで、ミルフォードは命拾いをした。そして公爵夫人が自分を熱愛していることも知った。ミルフォードは結婚式に立ち会う保安官の身代わりになって、結婚式に出席した。式の後、ミルフォードは用意の魔薬を酒の中に入れた。ジェシー一味は仲間同士で大喧嘩を始めた。そのスキに、ジェシーの保険証を奪い公爵夫人と逃げだした。正気にもどったジェシーは2人の跡を追った。ミルフォードは命からがら保安官の所に逃げこんだ。ところが保安官は留守だった。2人の必死の防戦で、ようやくジェシー一味を一網打尽に捕まえることができた。ミルフォードは社命を完遂し素晴しい恋人を手にいれニューヨークへ楽しい新婚旅行に出発した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Alias Jesse James
製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 ユナイテッド・アーチスツ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 腰抜け列車強盗