TOP > 上映中の映画作品を探す > APOCALYPSE:A REQUIEM for the SIXTIES

1960年代から70年代にかけて、フィルムによるサブカルチャー史を描いた作家にして映画監督ピーター・ホワイトヘッドの日本初公開作。サブカルチャーの面から捉えた1960年代論。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ジミ・ヘンドリックスのギター演奏や、ピンク・フロイドのアナーキーな音楽。演劇出身の生きのいい俳優たち。アレン・ギンズバーグら詩人による、ポエトリー・リーディング。イギリスからアメリカまで、当時の若者文化を追い、ホワイトヘッドが時代の姿を綴ってゆく。

作品データ

原題 Apocalypse: A Requiem for the Sixties
製作年 1977年
製作国 イギリス
配給 ケイブルホーグ
上映時間 57
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > APOCALYPSE:A REQUIEM for the SIXTIES