映画-Movie Walker > 作品を探す > シリーズ7 ザ・バトルロワイアル

シリーズ7 ザ・バトルロワイアルの画像

テレビの視聴者参加型ドキュメンタリーをパロディーにした異色アクション。殺し合いを演じる人々の狂奔をとおして、メディアの行き過ぎを風刺した痛烈なドラマが展開!

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

公開抽選で選ばれた6人の戦士のサバイバル・ゲームを放送し、全米で高視聴率を誇るテレビ番組「ザ・コンテンダーズ」の「シリーズ7」が始まった。チャンピオンのドーン(ブルック・スミス)は、あと1ラウンドで自由を得られる。逃亡を図ったトニー(マイケル・ケイチェック)はルールにより病院に拘束され、看護婦のコニー(メリールイーズ・バーク)の注射で絶命する。ドーンの高校時代の恋人で癌を患うジェフ(グレン・フィッツジェラルド)は妻の助けで睡眠薬自殺を謀ったが病院で蘇生する。その頃、アーケード・ビルで18歳の少女リンジー(メリット・ウェヴァー)は老人フランクリン(リチャード・ヴェンチャー)に撲殺され、フランクリンはコニーに射殺される。ドーンはコニーを追い詰めながらも陣痛を起こしてしまい、休戦して病院へ運ばれる。コニーはトニー同様にジェフを殺そうとするが、揉み合いの末ジェフが生き残る。ジェフとドーンは対決の場で心が繋がり、逃亡を試みる。しかし立てこもった劇場でやはり銃を向け合うことになる2人。子どものために自分を撃てと言うジェフに引き金を引けずにいると、彼の妻がドーンを撃ち殺してしまう。ショックで自殺するジェフだが、彼は生き残ってしまうのだった。そして「シリーズ8」が始まろうとしていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Series 7: The Contenders
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 エスピーオー
上映時間 86
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > シリーズ7 ザ・バトルロワイアル