映画-Movie Walker > 作品を探す > 夜風の匂い

夜風の匂いの画像

仏の鬼才フィリップ・ガレルが大女優カトリーヌ・ドヌ−ヴ主演で描く究極の愛のドラマ。心に傷を抱えた大人の男女の触れ合いを、しっとりした情感とスタイリッシュな映像美でつづる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

パリ。人妻エレーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、何不自由ない夫との生活がありながら、若い恋人ポール(グザヴィエ・ボヴォワ)との情事を重ねている。ある日の別れ際、ポールは彫刻の仕事で数日間ナポリに行くという。自分も同行したいと言うが、拒否されるエレーヌ。ナポリ。ポールは、彫刻展で建築家のセルジュ(ダニエル・デュヴァル)と知り合い、彼の車に同乗する。車中、パリで革命に参加し囚われていたこと、妻が自殺したことを語るセルジュ。ポールは不思議な魅力を持つセルジュに惹かれる。パリに戻ってきたポールと逢ったエレーヌは、ポールを自宅に誘い、何も知らぬ夫に会わせる。ポールが帰ろうとした瞬間、エレーヌはグラスを割り、破片で自らの手首を切った。その行動にショックを受けたポールは、ベルリンに行くというセルジュに、自分も連れて行ってほしいと頼む。ポールを探して夜の町を彷徨うエレーヌ。ポールの乗った車を見つけたエレーヌは、車に同乗し、レストランへ向かう。しかし、ポールはエレーヌの愛を恐れて、先に帰ってしまう。残されたエレーヌとセルジュは、ホテルでベッドを共にする。その後セルジュは、眠っているエレーヌをホテルに残し、自宅のテーブルで一人死を遂げるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Le Vent de la nuit
製作年 1999年
製作国 フランス
配給 ビターズ・エンド
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 夜風の匂い