映画-Movie Walker > 作品を探す > 再見(ツァイツェン) また逢う日まで > レビュー

投稿レビュー(2件)再見(ツァイツェン) また逢う日までは星4つ

不見不散 (投稿日:2008年6月22日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

1945年、満州帝国が崩壊したあとの、いわゆる東北三省は貧しいながらも秩序がたもたれており人情もあった。日本人が連れて還れなかった残留孤児も三省に多い。漢民族は少なく、北京などの都会にでても市民権はなく、自分の置き場は無い。どんな時も何処にいても絆(アイデンテティー)は家族である。家族の絆が弱くなっている日本人に是非看ていただきたい電影です。
---できれば、梁詠のような使われた配役ではなく、最後まで素人を使ってほしかった。 »ガイドライン違反報告

投稿:JINJING

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ハンカチ必携!! (投稿日:2007年4月21日)

涙無しには観られません。

幼い兄弟姉妹の突然の別れが丁寧に描かれています。

どれだけ辛い思いを抱いて別れ別れになったかが手に取るように分かり、涙。

アメリカで指揮者として成功を収め、故郷でのコンサートと共に離れ離れになった兄弟姉妹の再会を信じ兄弟妹の消息を求める姉。人生に希望を見出せずにいる妹との再開の場面では、各人の歩んできた20年という時の重みを感じ涙。

クライマックスの再開シーンでまた涙。

そして観終わった後の感動。

疲れた大人にお勧めの映画です。
»ガイドライン違反報告

投稿:ひまわり

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 再見(ツァイツェン) また逢う日まで > レビュー