映画-Movie Walker > 作品を探す > ハルク

ハルクの画像

「スパイダーマン」などで知られるマーベルコミックの人気作を「グリーン・デスティニー」の名匠アン・リー監督が映画化。数奇な運命を背負った男の苦悩を描くアクションだ。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 142
レビュー 3
投票 139
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 49% (25)
星4つ 47% (24)
星3つ 100% (51)
星2つ 35% (18)
星1つ 47% (24)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

遺伝子学者ブルース・バナー(エリック・バナ)は、実験中に致死量のガンマ線を全身に浴びる事故に巻き込まれる。奇跡的にも無事だったが、まもなく、死んだと思われていた彼の父デイヴィッド(ニック・ノルティ)が姿を現わした。そしてブルースは、怒りの感情と共に、緑色をした巨大なモンスター、ハルクへと変身する体になっていた。デイヴィッドが自らの体で遺伝子実験を行なったため、その特殊遺伝子が息子のブルースにも遺伝していたのだった。破壊のあとを残していくハルクに全米中が恐怖したが、ブルースの元恋人である女性科学者ベティー(ジェニファー・コネリー)だけがハルクを信じていた。だが捕獲に失敗したベティーの父のロス将軍(サム・エリオット)は、ハルクの正体が人間であることを知りながら、最終兵器を持ち込んだ撃退指示を出す。その頃、デイヴィッドもモンスター化してハルクと格闘を始めていたが、軍は両者ともミサイルでやっつけた。しかし一年後、身を隠しながらまだ生きているブルースの姿があるのだった。

見たい映画に
登録した人
32

作品データ

原題 The Hulk
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 138
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

父親が神に近づくべく息子に人体実験。

投稿者:motouma

(投稿日:2011/01/13)

超人ハルク、凄すぎる。父親が神に近づくべく、放射線で人体実験…

[続きを読む]

支持者:0人

映像センスはよかった

投稿者:Starshiptroopers

(投稿日:2009/02/09)

映像に関する作り込みセンスはなかなかのものでした。コミックを…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ハルク