映画-Movie Walker > 作品を探す > 助太刀屋助六

助太刀屋助六の画像

「大誘拐」の鬼才・岡本喜八監督待望の最新作。“助太刀屋”という商売をしている男のユニーク極まりない仇討ちを、笑いあり涙ありアクションありで綴る痛快時代劇だ。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 0
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 20% (1)
星3つ 100% (5)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

17歳で江戸へ出ようと故郷・上州を飛び出した助六は、その途中、ひょんなことから仇討ちに巻き込まれ助太刀を買って出たことが病みつきとなり、以来、江戸へ行くのも忘れて助太刀屋稼業に精を出し、全国を流れ流れて七年が過ぎようとしていた。久しぶりに故郷の宿場町へ戻り、母の墓に詣でた助六。だが、町の様子がどうもおかしい。幼なじみで小役人になっていた太郎によると、もうすぐ仇討ちがあると言う。兄の仇を討とうとしているのは脇屋新九郎と妻木涌之助。だが、助六の助太刀は必要としていないらしい。自分の出番がないと知り、昔なじみの棺桶屋に向かった助六は、そこで元八州廻りの役人・片倉梅太郎という侍、即ち新九郎と涌之助の仇と出会う。既に戒名も貰い、泰然自若としたこの侍は、どうも敵面には見えない。暫くして、仇討ちの検分役、関八州取締出役・榊原織部が到着し、いよいよ仇討ちが始まった。果たして、片倉は斬られ仇討ちは終わる。ところがこの侍、実は助六の父親だったのである。そのことを棺桶屋から聞かされた助六は、父親の仇討ちをと思うのであったが、又敵は御法度。そこで、父親の位牌に助太刀を頼まれたということにして、織部たちを斬っていく助六。そうして、見事位牌の助太刀に成功した彼は、しかし織部の供揃えによって射殺。助六の遺体は、彼と秘かな想いを通わせていた太郎の妹・お仙ひとりで弔われる……筈が、実は生きていた助六。お仙と一緒に暮らすべく、ふたりして江戸へ向かうのであった。

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 88
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 岡本喜八
製作総指揮 中村雅哉豊忠雄
プロデューサー 石丸省一郎西村維樹藤倉博
協力プロデューサー 能村庸一福島聡司浅田恵介
原作 生田大作
脚本 岡本喜八
企画 宮内正喜西岡善信岡本みね子猿川直人森知貴秀
撮影 加藤雄大
音楽 山下洋輔
美術 西岡善信
編集 川島章正
録音 横野一氏工
スクリプター 吉田久美子
スチール 野上哲夫石月美徳
音響効果 斉藤昌利
助監督 武内孝吉
照明 中岡源権
題字 山藤章二
調音 神保小四郎
衣裳 乾保直上村恵理
アシスタントプロデューサー 佐藤闘介
製作担当 丹羽邦夫

キャスト

助太刀屋助六 真田広之
お仙 鈴木京香
太郎 村田雄浩
片倉梅太郎 仲代達矢
棺桶屋 小林桂樹
榊原織部 岸部一徳
タケノ 山本菜々
脇屋新九郎 鶴見辰吾
妻木涌之助 風間トオル
オトメ 岸田今日子
堀田某 本田博太郎
倉田某 友居達彦
カタキ 竹中直人
カタキ 嶋田久作
カタキ 佐藤允
カタキウチ 天本英世
カタキウチ 宇仁貫三
カタキウチ 田村奈巳
カタキウチ 伊佐山ひろ子
カタキウチ 岡本真実
小者 長森雅人
小者 岩田智行
足軽 水口てつ
足軽 大石昭弘
道案内 平井靖
道案内 根本一也
猟師 東田達夫
猟師 山崎貴司
手の者たち 城戸光晴
手の者たち 鎌倉太郎
手の者たち 福沢賢
手の者たち 進藤健太郎
手の者たち 羽原伸太郎
手の者たち 滝藤賢一
手の者たち 足立龍弥
手の者たち せきよしあき
手の者たち 左藤慶
手の者たち 大沢恵介
手の者たち 高東楓
手の者たち 井上唯我
手の者たち 田中宏明
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 助太刀屋助六

ムービーウォーカー 上へ戻る