映画-Movie Walker > 作品を探す > 告別

人生に疲れた中年サラリーマンの心の再生を描いたファンタジー。監督は「淀川長治物語 神戸篇 サイナラ」の大林宣彦赤川次郎による原作を基に、「あの、夏の日―とんでろ じいちゃん―」の石森史朗と大林監督が共同で脚色。撮影を「淀川長治物語 神戸篇 サイナラ」の稲垣涌三が担当している。主演は「RUSH! ラッシュ」の峰岸徹。尚、本作はデジタルBS局・BS―iのデジタル・ハイビジョン・ドラマとして制作され、『ハイブリッド・ムービー2001』の中で2001年2月24日放映された。平成13年度日本民間放送連盟賞ドラマ部門最優秀賞、ハイビジョン国際映像祭2001ドラマ部門アストロラビウム賞(最優秀賞)受賞、2000年度日本映画撮影監督協会撮影賞作品。Full HD作品。DLP上映。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

長野県上田市。仕事も家庭もうまくいっていない、くたびれた中年サラリーマン・勇一。ある日、故郷の村へ営業に出かけた途中の山道でレトロな電話ボックスと遭遇した彼は、その中にあった古い電話帳に高校時代の親友・太の番号を見つけ、思わずダイヤルを回してしまうが、電話口に出たのは30年前の声の太だった。翌日、会社からもう一度太の家に電話した勇一は、太の母親から彼が5年前に他界していたことを聞かされ愕然となる。どうやら、あの電話ボックスは30年前に繋がっているらしい。そして、彼の脳裡に忘れかけていた30年前の出来事が蘇る。それは、初恋の人・幸との初めてのデートの日のこと。記念撮影の最中、柵から落ちて頭をしたたかに打った幸は、その晩、この世を去ったのだった。さて、勇一がそんな想い出にうつつを抜かしている間、彼のリストラが決定していた。「こんな人生の筈じゃない」 やり場のない気持ちに、彼は人生を変えるべく、再び山道の電話ボックスへと出かけ、幸とのデートをキャンセルする。「幸が死ななければ、自分の人生も変わっていた筈だ」 だがその時、彼の脳裡に愛娘の笑顔が浮かんだ。「俺は娘まで消そうとしていたのか!」 勇一は、再び幸に電話すると、もう一度デートの約束をした。あの電話ボックスは、現実逃避の願望が見せた幻だったのか? 自らの生き方を反省し帰宅した勇一。そんな彼を待っていたのは、温かい家庭だった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 BS-i=オフィス・シロウズ
上映時間 101
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大林宣彦
原作 赤川次郎
脚色 石森史朗大林宣彦
撮影 稲垣涌三
特殊効果 郷博
音楽監督 學草太郎
美術 竹内公一
編集 大林宣彦内田純子
録音 内田誠
スクリプター 呉美保
スチール 石原宏一
効果 佐々木英世
助監督 南柱根
照明 西表灯光
装飾 浜村幸一
制作補 武井丈兒
整音 山本逸美
制作 鈴木孝之古屋克征
共同制作 大林恭子
衣裳 千代田圭介
ヴィデオエンジニア 岡田雅宏
ハイビジョンエンジニア 沢川淳藤川昭
制作担当 若山直樹

キャスト

小坂勇一 峰岸徹
二神幸 勝野雅奈恵
18歳の勇一. 宮崎将
小坂和枝 清水美砂
八代景子 裕木奈江
若井太 大沢勇
若井しのぶ 津島恵子
二神聡一郎 小林桂樹
高田課長 並樹史朗
主婦 根岸季衣
老農夫 梅津栄
農婦 木野花
長木唯
聡一郎の妻 高橋かおり
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 告別