TOP > 映画作品を探す > 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える

テレビで人気を博した百獣戦隊 ガオレンジャーが活躍するヒーロー戦隊アクション。監督は劇場用作品初演出となる諸田敏八手三郎による原作を基に、「銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー」の武上純季が脚本を執筆。撮影を菊池亘が担当している。主演は、テレビ・シリーズの金子昇堀江慶柴木丈瑠酒井一圭竹内実生玉山鉄二。また、「連弾」の佐藤康恵、「いきすだま 生霊」の大沢樹生がゲスト出演している。東映創立50周年記念、スーパー戦隊シリーズ25th ANNIVERARY作品。

3/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある日、ツエツエとヤバイバとの戦いを制した6人の戦士・ガオレンジャーは、時空を引き裂く凄まじい衝動に飲み込まれ、地球が弱ると現れる邪悪な鬼・オルグが支配する異世界の火山島にやって来る。そこで、ゼウスオルグ、ポセイドンオルグ、ハデスオルグのオルグ3兄弟によって囚われの身となっている皇女・伊莉耶やレジスタンスとなって島民を率いて戦う魁人と出会ったガオレンジャーたちは、島を救う聖なる獣が現れるという伝説を信じ、その鍵を握る伊莉耶を3兄弟の元から助け出す。だが、巨大化した3兄弟と戦うべくパワーアニマルを呼び寄せようとするも、異世界にあって彼らの声は届かなかい……とその時、火山から聖なる獣=ガオコングが出現。その雄叫びによってパワーアニマルが、更にガオゴッドまでもが駆けつけた。そして、パワーアニマルによって合体したガオナイトに搭乗したガオレンジャーたちは、3兄弟を撃破。見事、島を救い、元の世界へ戻って行くのであった

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 28
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 諸田敏
特撮監督 佛田洋
キャラクター・デザイン 原田吉朗
製作 福湯通夫泊懋早河洋
企画 上松道夫木村純一石井徹東聡河内進福中脩
プロデューサー 日笠淳太田賢司矢田晃一横塚孝弘
製作進行 谷口正洋
製作担当 岩永恭一郎
原作 八手三郎
脚本 武上純希
編集 安部嘉之
録音 谷山譲二
美術 山下宏
装飾 山口保孝高津装飾美術
衣裳/スタイリスト 東京衣装新社
音楽 中川幸太郎
選曲 宮葉勝行
スクリプター たなかなつき
スチール 渡辺直行
SFX 沖満船越幹雄中根伸治安藤和也松浦芳
音響効果 阿部作二
特殊造形 レインボー造形企画
闘技監督 竹田道弘
助監督 黒木浩介
主題曲 山形ユキオ
VFXスーパーバイザー 高橋政千
CGディレクター 捻橋尚文足立亨江橋左知子尾上克郎鈴木昶

キャスト

獅子走(ガオレッド) 金子昇
鷲尾岳(ガオイエロー) 堀江慶
鮫津海(ガオブルー) 柴木丈瑠
牛込草太郎(ガオブラック) 酒井一圭
大河冴(ガオホワイト) 竹内実生
大神月麿(ガオシルバー) 玉山鉄二
テトム 岳美
魁人 大沢樹生
伊莉耶 佐藤康恵
ゼウスオルグの声 三宅健太
ポセイドンオルグの声 水木一郎
ハデスオルグの声 山形ユキオ
ヤバイバの声 坂口候一
ツエツエ 斉藤レイ
ガオレッド 福沢博文
ガオイエロー 竹内康博
ガオブルー 今井靖彦
ガオブラック 日下秀昭
ガオホワイト 蜂須賀祐一
ガオシルバー 大藤直樹
ゼウスオルグ 魁将馬
ポセイドンオルグ 中川素州
ハデスオルグ 三村幸司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える