映画-Movie Walker > 作品を探す > いのちの地球 ダイオキシンの夏

いのちの地球 ダイオキシンの夏の画像

76年北イタリアの化学工場で起こった、大規模なダイオキシン汚染事件を通して公害の恐ろしさを説く社会派アニメーション作品だ。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1976年夏、イタリア北部アルプス山脈に近い街・セベソにあるイクメナ工場で爆発事故が発生、周囲に白い灰を降らせた。それは、化粧品や病院用の石鹸を作るのに必要なTCPと言う化学物質で、工場の重役たちの報告では日が経てば消えてしまうものだと言うことだった。ところが暫くすると、TCPを浴びた小動物が次々と死に、やがて人間にも頭痛や湿疹などの影響が出てきた。これに不安を覚えた11歳の少女・ジュリアは、友だちとセベソ少年探偵団を結成。在伊日本人ジャーナリストの安藤と共にイクメナ工場の調査に乗り出し、やがてTCPが枯葉剤の材料のひとつで、その中にダイオキシンが含まれていること、工場側が安全対策を怠っていた為に爆発が起きたことなどを突き止める。しかし、工場や親会社ははぐらかすばかりで責任を認めようとしない。そのうち、化学のヒロシマと呼ばれるようになったセベソの街は危険度によって分断、ジュリアもミラノに疎開を余儀なくされ、探偵団の仲間と離ればなれになってしまうのだった。そして遂に、故郷を奪われ、友達を奪われ、未来を奪われたジュリアたちの怒りは頂点に達し、彼らはイクメナ工場の社長とその親会社であるロック社の記者会見場に乗り込むという強行手段に打って出るが、子供たちの叫びは届くことはなかった。しかし、ジュリアたちは挫けることなく、ダイオキシンについての知識を深め、自分たちの暮らす地球の為に災害をなくそうと誓い合うのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Summer of Dioxin
製作年 2001年
製作国 日本
配給 ゴーゴービジュアル企画=共同映画
上映時間 82
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 出崎哲
プロデューサー 桂壮三郎
制作プロデューサー 三上鉄男
プロデューサー補 木村昌資
クリエイティブ・プロデューサー 小出一巳
監修 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
原作 蓮見けい
脚色 小出一巳末永光代
企画 桂壮三郎
総作画監督 清水恵蔵
作画監督 鈴木伸一都築裕佳子小澤郁
撮影 アズハタプロダクションIMG
特殊効果 遠藤剛彦
キャラクター・デザイン 四分一節子
アニメーション演出 熨斗谷充孝
音楽 長谷川智樹
音楽プロデューサー 安東義史
主題歌 陣内絵里奈
美術設定 池信孝
編集 神谷信武
音響監督 清水勝則
絵コンテ 四分一節子
音響効果 西村睦弘
監督補 四分一節子
色彩設計 小林恵
録音調整 西澤則夫渋江博之
美術監督 長尾仁
撮影監督 安津畑隆
製作委員会デスク 桂みち子

キャスト

ジュリア 佐久間信子
エンリコ 折笠愛
ルチオ 本田貴子
マリア 白鳥由里
アンジェロ 佐々木静香
安藤史郎 井上和彦
カーロ市長 玄田哲章
アンナ 水谷優子
ジーノ 楠見尚己
ミレーナ 幸田夏穂
マルコ 小林沙苗
アントニオ 室園丈裕
ソニア 倍賞千恵子
ゼル会長 上田敏也
パルトフォーグル社長 小島敏彦
ヴィーロ 松本大
マレーラ博士 矢田稔
保健所の職員 遠藤純一
守衛 西村江太郎
工員 羽多野渉
高橋大介
富田友康
市役所の受付 林香織
ロック社の受付 須藤由美子
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > いのちの地球 ダイオキシンの夏

ムービーウォーカー 上へ戻る