映画-Movie Walker > 作品を探す > 荒野を歩け

「黄金の腕」の作家、ネルソン・アルグレンの原作に基づき、「若き獅子たち」「ワーロック(1959)」のエドワード・ドミトリクが演出。製作は「欲望という名の電車」のチャールズ・K・フェルドマン。撮影はジョー・マクドナルド、音楽は「荒野の七人」のエルマー・バーンスタインが担当。衣装は主役4女優のためにチャールズ・ル・メアが50数点デザインした。主演は、ローレンス・ハーヴェイキャプシーヌジェーン・フォンダアン・バクスターバーバラ・スタンウィックなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1931年のある夕方、テキサスのハイウェイに1人の若者が立っていたが、どの車も無視して通り過ぎて行った。仕方なく彼は土管で野宿することにした。彼、ドヴ(ローレンス・ハーヴェイ)は恋人ホリーを追ってニューオリンズに行くところだった。突然土管の中から威勢のいい女が飛び出してきた。キティ・ツイストと名乗るその女は、食べることと恋すること以外には興味がないという。あてどもなく暮らしている彼女に、ドヴはいいお相手だった。翌日、2人は連れだってニューオリンズへ向った。町外れで2人が入ったコーヒーショップには美しい女テレシナ(アン・バクスター)がいた。彼女に好意を持ったドヴは、身の上話を始めた。同情したテレシナのはからいで、彼はホリーが見つかるまで彼女のガソリンスタンドを手伝うことになった。何日か後、彼のところへ電話がかかった。ホリーは、人形の家という売春クラブで働いているのだが、ドヴの今も変わらない気持ちに喜んだ。彼女もドヴのことを忘れられずにいたのだ。ドヴは、ホリーがどんな生活をしているのか露知らず2人の楽しいデートは続いた。ドヴはホリーと新婚家庭を持つため部屋まで探して用意した。だが、ホリーには彼の胸に飛び込むことは許されなかった。そんなある日、ドヴはホリーの生活を知って驚いた。が、ホリーをあきらめきれないドヴは、ホリーを人形の家から連れ出そうと企てた。だが逃げ出そうとした2人はジョーに見つかり、ドヴは用心棒に袋だたきにされた。気を失ったドヴをテレシナの店まで送り届けるホリー。そこまで追ってきた用心棒の手には拳銃が握られていた。残った力を振りしぼり闘うドヴ。格闘の最中、拳銃が暴発しホリーに当たってしまった。ドヴに抱かれた彼女は、かすかにほほえみながら息を引き取った。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Walk on The Wild Side
製作年 1961年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 荒野を歩け