映画-Movie Walker > 作品を探す > ふたりの男とひとりの女

ふたりの男とひとりの女の画像

「メリーに首ったけ」の奇才ファレリー兄弟が、ジム・キャリー主演で放つ最新作。二重人格の男と追われている美女の奇妙な三角関係を、ブラック・ユーモア満載でパワフルに描く。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 16
レビュー 2
投票 14
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 20% (2)
星4つ 40% (4)
星3つ 100% (10)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロードアイランド州の警察で18年間勤務してきた、マジメでお人好しなベテラン警官チャーリー(ジム・キャリー)。しかし、妻レイラ(トレイシー・ハワード)が黒人運転手の間に子供を作り、駆け落ちされた怒りとショックを内に押し込めてきた彼は、大きなストレスを抱え続けてきた。そしてある日、彼の体の中にチャーリーとは違う、卑猥で下品で乱暴な人格ハンクが生まれてしまう。そんな時、チャーリーは署に連行されてきた女性アイリーン(レニー・ゼルウィガー)をニューヨークまで護送することになる。アイリーンはディッキー(ダニエル・グリーン)が経営するゴルフ場で芝生管理をしていたが、自分の陰の悪事をアイリーンに知られたと思ったディッキーは、彼女を殺そうとして追っていた。アイリーンはチャーリーに助けを求め、チャーリーは彼女に惹かれるが、ほどなくハンクの人格が顔を出し、その豹変ぶりにアイリーンはびっくり。そしてハンクも彼女に恋し、2つの人格がアイリーンをめぐって争うようになる。やがて追ってきたディッキーに、アイリーンがさらわれる。ほっておけというハンクに対し、チャーリーは必死に追いかけ、見事アイリーンを助け出す。一件落着。警部補に昇進したチャーリーはアイリーンにプロポーズし、2人はめでたく結ばれるのだった。

見たい映画に
登録した人
15

作品データ

原題 Me,Myself & Irene
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
上映時間 117
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

気分転換にピッタリ!

投稿者:ひづめ

(投稿日:2008/06/21)

マジで笑った!あんなに笑ったのは久しぶりかもってくらい笑っ…

[続きを読む]

支持者:2人

ジムキャリーは最高だ

投稿者:koala

(投稿日:2007/10/25)

ジムキャリーの演技を楽しめる映画。 顔芸凄いですな…表情に…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ふたりの男とひとりの女