映画-Movie Walker > 作品を探す > ぼくの国、パパの国

ぼくの国、パパの国の画像

英アカデミー賞に輝くなど、世界で絶賛されたヒューマン・コメディ。誇り高きイスラム教徒の男と、英国文化にとけ込んだ子どもたちが織りなす心温まる珍騒動をつづる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 0
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (3)
星3つ 33% (1)
星2つ 33% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1971年、マンチェスターの小さな街、ソルフォード。誇り高きパキスタン人のジョージ(オーム・プリー)は、イギリス人のエラ(リンダ・バセット)を妻に持っている。そのことを気にしているジョージは、だからこそ7人の子供たちを立派なイスラム教徒に育てたいと願っている。しかし子供たちは、イギリス生まれの現代っ子。長男ナジル(イアン・アスピナル)は、パキスタンの伝統的お見合い結婚を嫌がって逃げ出し、末っ子ザジ(ジョーダン・ルートリッジ)は、割礼をまだ済ませていなくて無理矢理手術をさせられる始末。ジョージはイスラム文化になじもうとしない子供たちのことを悩み、友人ムッラー(カリーム・ジャンジュア)に相談する。彼は、二男アブドゥル(ラージ・ジェイムズ)と三男タリク(ジミ・ミストリー)を、パキスタン人のシャー(マダーヴ・シャルマ)の愛娘とお見合い結婚させることを勧めた。それを知ったエラは、ジョージの暴挙を非難する。さらに激怒したタリクが家出。別居しているナジルを訪ねるが、なんと彼は帽子デザイナー“ナイジェル”になっており、男性と同棲していた。結局タリクは家出をあきらめ、お見合いへ。だがその当日、お見合い相手のシャー一家の夫人が偉そうな態度を取るものだから、エラの怒りが爆発し、お見合いは決裂。今度はジョージがエラに怒りを爆発させるが、子供たちは皆エラをかばった。打ち負かされたように家を出ていったジョージは、自らが経営するフィッシュ・アンド・チップスの店に一人寂しく座り込む。そこにエラが何事もなかったように入ってきて、二人はいつものように何気ない会話を交わすのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 East Is East
製作年 1999年
製作国 イギリス
配給 クレストインターナショナル
上映時間 96
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ぼくの国、パパの国