映画-Movie Walker > 作品を探す > LOVE SONG

LOVE SONGの画像

カリスマ的人気を持つ尾崎豊のヒット曲をモチーフにした、純愛ストーリー。1枚のレコードから始まったせつない初恋を通じて成長する少女の姿を、繊細に描く。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 2
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 50% (1)
星3つ 50% (1)
星2つ 100% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1985年、北海道。高校生の彰子とレコード店のアルバイト店員である松岡を引き合わせたのは、店頭に飾られていた尾崎豊のアルバム『十七歳の地図』だった。在庫がなく、松岡のアルバムを貸して貰うことになった彰子は、いつか自分の好きな音楽だけを扱うレコードショップを出すのが夢だと語る松岡に惹かれていく。ところがそれから暫くして、松岡は突然レコード店を辞めて東京へ行ってしまった。彰子には何も告げずに。2年後、彰子にとって高校生活最後の夏休み。レコード店で松岡の店“シーラカンス・レコード”のDMを発見した彰子は、借りたままになっていたアルバムを返す為、そしてもう一度松岡に会う為に、彰子に片想いしている同級生の哲矢と一緒に上京する。しかし、やっとの思いで探し出した店は既に潰れていた。ふたりは、松岡のかつての仲間を訪ね歩くことにするが、なかなかその消息は掴めない。さてその頃、夢に挫折した松岡はあるオフィスビルの夜間警備員として働いていた。ある夜、彼は向かいのビルのショウウィンドウで働くディスプレー・アーティストの千枝と出会い、言葉を交わすようになる。そんな彼女との会話の中で、忘れるように努めていた夢への想いを取り戻していく松岡。一方、有明コロシアムで尾崎豊のコンサートがあることを知った彰子は、松岡に会えるのではと会場へ向かうが、彼は姿を見せなかった。翌日、彼女は遂に突き止めた松岡のアパートを訪れるだが、部屋の前にアルバムを置くと、哲矢と北海道へ帰って行く。そして、そのアルバムを見つけ久しぶりに針を落とした松岡は、再び夢へ向けて走り出す決意をするのであった。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間 100
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 佐藤信介
製作 豊忠雄大塚康高結城徹高野昌幸依田弘長細田泰
製作総指揮 森島恒行
プロデューサー 一瀬隆重
アソシエイト・プロデューサー 廣瀬雄
脚本 佐藤信介
ヴィジュアル・エフェクト 道木伸隆
音楽 須藤晃須藤亮松山茂生工藤佳永満田恵子
音楽プロデューサー 須藤晃
製作補 永江信昭阪尾好将
主題歌 尾崎豊
美術 斎藤岩男
編集 田中愼二
録音 柿澤潔
スクリプター 樽角みほり
スチール 安保隆
サウンド・エフェクト・スーパーバイザー 伊藤進一
プロダクション・エグゼクティブ 峯岸卓生大澤茂樹浜野恵司
助監督 瀧本智行
照明 中川大輔
ラインプロデューサー 坂本忠久金子哲男
撮影監督 河津太郎
スタイリスト 堀田都志子加藤修
製作担当 萩原満

キャスト

松岡 伊藤英明
彰子 仲間由紀恵
哲矢 一條俊
千枝 原沙知絵
石川 津田寛治
高橋 坂本真
和美 三輪明日美
美代子 石堂夏央
香織 奥貫薫
自転車の青年 長谷川朝晴
レコード屋の店員 六角慎司
小林 石倉力
鈴木 マギー
小野 木下明水
岩間 坂田聡
高校生 大竹博之
ラブホテルのアベック 木坂有希
ラブホテルのアベック 君嶋宜仁
社員 斎藤あきら
社員 小泉博秀
社員 上原更記
美代子の隣人 中山恭子
タクシーの運転手 武川修三
ブルックリンの店員 松本じゅん
番号案内の声 最所千加子

レビュー

大好きな映画!

投稿者:L

(投稿日:2006/10/06)

尾崎豊の曲が始めて映画に使用されてと聞いて何となーく観たんで…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > LOVE SONG