TOP > 映画作品を探す > キンスキー、我が最愛の敵

キンスキー、我が最愛の敵の画像

 ドイツの鬼才ヴェルナー・ヘルツォークが、「フィツカラルド」(’82)などで組んだ怪優クラウス・キンスキーとの交流を回想。役柄そのままの、彼の激しい気性を物語る奇行の数々が披露される。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

 共演者はキンスキーの奇行を口々に証言する。なかには機嫌を損ねたキンスキーに突如頭を割られた者や、銃で指を飛ばされた者も。エキストラもヘルツォーク監督も、彼の殺害を考えたと明かす。

作品データ

原題 Mein Liebster Feind
製作年 1999年
製作国 ドイツ イギリス
配給 パンドラ(東京ドイツ文化センター=ケイブルホーグ=東北新社協力)
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > キンスキー、我が最愛の敵