映画-Movie Walker > 作品を探す > 十五才 学校 IV

十五才 学校 IVの画像

 学校で学ぶ人々のありのままの姿を描く山田洋次監督の「学校」シリーズ第4作。今回初めて教室の外に舞台を移し、不登校の少年が自分探しの旅を通じて成長する姿を綴ったロードムービー。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 14
レビュー 1
投票 13
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 14% (1)
星4つ 100% (7)
星3つ 57% (4)
星2つ 28% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

横浜郊外に住む不登校の中学3年生・川島大介は、ある日、無謀にも両親に内緒で九州・屋久島の縄文杉を目指し、ひとりでヒッチハイクの旅に出た。大型トラックの厳つい運転手・佐々木や女性ドライバーの大庭、そして彼女の引きこもりの息子・登らとの交流を経て、屋久島に辿り着いた彼は、島で出会った登山客・真知子と共に、険しい山道に挑み、遂に縄文杉を見ることが叶う。その後、真知子と別れてひとり山を降りた大介は、侘びしい一人暮らしをしている老人・鉄男と知り合い、彼の家に一夜の宿を提供してもらう。ところが翌朝、鉄男の具合が悪くなり、大介は彼の面倒を看るハメになってしまう。しかし、鉄男の介護はまんざらイヤなものでもなかった。暫くして、博多に暮らす息子・満男がやって来るが、彼は嫌がる鉄男を無理矢理入院させてしまった。やりきれない気持ちを残したまま、帰宅する大介。しかし、今回の旅で成長した彼は、折り合いの悪い父とも和解し、“学校”という新しい冒険へ挑んでいくのであった。

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

製作年 2000年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山田洋次
製作 迫本淳一
プロデューサー 中川滋弘深澤宏
プロデューサー補 山本一郎
原案 松本創
脚本 山田洋次朝間義隆平松恵美子
撮影 長沼六男
音楽 冨田勲
音楽プロデューサー 小野寺重之
主題歌 ゆず
美術 出川三男
装置 森篤信
編集 石井巌
録音 岸田和美
スチール 金田正
音響効果 帆苅幸雄
監督助手 伊藤匡史
照明 吉角荘介
装飾 露木幸次
衣裳 本間邦仁
スタイリスト 池ヶ谷ひろ子
音楽編集 浅梨なおこ
製作主任 相場貴和
製作担当 峰順一斉藤朋彦
製作代表 大谷信義氏家齊一郎宮原賢次角川歴彦宮川智雄

キャスト

川島大介 金井勇太
大庭すみれ 麻実れい
佐々木康 赤井英和
畑鉄男 丹波哲郎
川島秀雄 小林稔侍
川島彩子 秋野暢子
金井真知子 高田聖子
薬屋のおかみ 余貴美子
畑満男 前田吟
児玉 笹野高史
黒井先生 中村梅雀
周吉 犬塚弘
正夫 桜井センリ
大角 蛭子能収
大庭房子 桜むつ子
宮本 梅垣義明
スナックの主人 佐藤蛾次郎
大庭薫 真柄佳奈子
志乃 野村恵理
川島舞 児玉真菜
木下泉 皆川香澄
大庭登 大沢龍太郎
若い社員 北山雅康

レビュー

生きるヒントがある

投稿者:ジプシー

(投稿日:2011/10/25)

人は見かけによらないもの。 大人になってから観ても、グッと…

[続きを読む]

支持者:0人

『学校』(4作品)

十五才 学校 IV
十五才 学校 IV (2000年11月11日公開)

 学校で学ぶ人々のありのままの姿を描く山田洋次監督の「学校」シリーズ第4作。

  • 学校III (1998年10月17日公開)

    東京の下町にある職業訓練校に通い始めたひとりの中年女性を中心に、人生の再出発をかけてそこに集った人々の心の触れ合いを描いたヒューマン・ドラマ。

  • 学校II (1996年10月19日公開)

    先生と生徒の心の交流を描いたヒューマンドラマ「学校」の第2弾。

  • 学校(1993) (1993年11月6日公開)

    東京・下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇を持つ生徒たちと先生との交流を描くドラマ。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 十五才 学校 IV