映画-Movie Walker > 作品を探す > 絞首台の決斗

ジョン・リースの、原作を映画化した西部劇。監督はネイサン・ジュラン。脚色に当たったのはダニエル・B・ウルマンモーリス・ジム。撮影はヘンリー・フロイリッヒ。出演するのはフレッド・マクマレイマギー・ヘイスなど。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ベン(フレッド・マクマレイ)は20年前に執行官をやめ、今は娘ローリー(ジョアン・ブラックマン)と駅馬車業をいとなみ、近所の未亡人ルス(マギー・ヘイス)と再婚することになっている。ある日、強盗団が町の銀行を襲い、大金を奪い去った。一味のエディはローリーと恋仲だが、ある事情で町から姿を消している男である。執行官ケインはベンたちと強盗団を追うが、エディは射殺され、そのエディはベンの弾丸に傷ついて捕らえられた。ひそかにローリーを愛していたポール医師が、恋仇エディを手当てしてやる。町の人々はエディにリンチを加えようとするが、ベンは正式の裁判にかけるまでは、保護する義務があるととめた。裁判の日、再び執行官のバッジを胸につけたベンは証言台に立ちエディは死刑を宣告された。が、彼の無罪を信じるローリーは父を恨み、家を出てしまう。ルスもまたあくまで正義をつらぬくこうとするベンを冷酷無情な男と思い込み、彼から去った。処刑の前夜、ベンはエディの減刑嘆願書に知事の書名を貰ったが、強盗団は留置場からエディを救い出した。ポール医師を傷つけ、獄吏を殺して逃げるエディを見て、ローリーは初めて父の正しかったことを知った。ベンは敢然と一味を追ってこれを倒し、エディを絞首台の下で射ち殺した。かくて、ルスのベンに対する誤解もとけけた。ローリーが、ポール医師との真の愛情によみがえる日も近いだろう。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Good Day for a Hanging
製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 絞首台の決斗