TOP > 上映中の映画作品を探す > 透視する女

自分に向けられる他人の欲望を透視する能力を持つOLの受難を描いたエロティック・サイコ・スリラー。監督は「Dolphin Through」の伊藤秀裕。脚本は、伊藤監督と「本番ONANIE 指戯」の米田彰の共同。撮影を渡辺武が担当している。主演は「蘇える金狼」の安原麗子。尚、本作は『MOVIE STORM』の第3弾作品として製作、公開された。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一見平凡なOL・和美には、誰にも言えない秘密があった。それは、自分に向けられた他人の欲望をヴィジュアルとして透視できる能力を持っていること。会社の上司やピザ屋の配達人、電車の乗客、居酒屋の客、医師、公園の老人、更には後輩OLに到るまで、彼女は彼らの妄想の中で弄ばれる自分が見えてしまうのだ。ある日、出勤途中の病院の前で、彼女はかつてない欲望を透視する。それは、鋭いメスで切り刻まれる自分の姿だった。あまりの恐ろしさに戦慄する和美。彼女は、やがてそれが病院に入院中の男のものであることに気づく。実は、彼は人が恐怖に打ちのめされる姿を見るのが好きな変質者であった。そして、そんな彼にとって不思議な力を持つ和美は、正におあつらえむきの獲物だったのである。誰もいない病院廃病棟で和美を襲う変質者。逃げまどう和美。だが壮絶な闘いの末、彼女は変質者を階段から突き落とし、難を逃れることに成功する。

作品データ

製作年 2000年
製作国 日本
配給 ギャガ・コミュニケーションズ(配給協力 リベロ)
上映時間 72
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 伊藤秀裕
エクゼクティブ・プロデューサー 伊藤秀裕
プロデューサー 佐藤敏宏板谷健一林正樹
ラインプロデューサー 井苅安英
制作担当 東克治
脚本 伊藤秀裕米田彰
撮影 渡辺武
撮影応援 森英男
照明 岩崎豊
編集 矢船陽介
録音 小林徹哉
美術 石毛朗
衣裳 堀田都志子堀田亜里
音楽 遠藤浩二
スチール 石川登栂子
効果 丹雄二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 透視する女