アナザヘヴン<PG-12版>|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アナザヘヴン<PG-12版>

2000年5月13日公開,131分
  • 上映館を探す

サスペンス・ホラー「アナザヘヴン」のPG―12ヴァージョン。猟奇殺人による死体など、残酷な描写の画面を暗くすることによって、映倫から指定を受けている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

脳みそが抜き取られ料理されるという、猟奇連続殺人事件が発生した。遺体や現場の状況から検屍官の赤城によって、犯人は体重100キロ、握力150キロ以上、しかも料理が得意な人物と目された。事件を担当した捜査一課の早瀬刑事は、犯人像とは似ても似つかないと反対する飛鷹警部の意見を押し切り、事件の3日前に美術館に出かけたまま行方不明になっていた女子大生・柏木千鶴を容疑者として捜索を開始。だが、彼女もまた脳みそがない状態の死体で発見されるのだった。しかし、事件はそれで解決した訳ではなかった。その後、同じような事件が若い会社員・木村敦や警察病院の医師・笹本美奈によって引き起こされる。早瀬は、以前担当した事件の犯人だったキャバクラ嬢の朝子に、真犯人は人間ではない何かだと助言を受けるが、彼女もまたその何かに体を乗っ取られてしまう。そして、その何かとは「悪意」だった。退屈な天国に飽きた悪意は、その姿を水に変えて地上の人々に乗り移り、殺人を繰り返していたのだ。朝子を悪意から助けようとする早瀬。一方、悪意はそんな彼の体に乗り移ろうとする。しかし、飛鷹の咄嗟の機転で液体の悪意にベンジンをかけ、燃やしてしまうのだった。こうして、悪意との戦いに勝った早瀬たち。そんな彼らの上に、雨が降り注ぐのであった……。

スタッフ

飯田譲治

監督、脚色、原作

武内健

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

油谷昇

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

関根康

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

斎藤寛之

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

海老名俊明

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

尾越浩文

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

早河洋

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

神村謙二

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

武田徹

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

木村純一

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

福吉健

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

清水祐美

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

大塚康高

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

安永義郎

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

曽根康正

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

峯岸卓生

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

越部陽一郎

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

鈴木敏行

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

安田京子

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

石川富康

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

深田誠剛

アナザヘヴン・フィルムパートナーズ

横濱豊行

エクゼクティブ・プロデューサー

宮島秀司

エクゼクティブ・プロデューサー

豊田俊穂

エクゼクティブ・プロデューサー

春名慶

エクゼクティブ・プロデューサー

梅澤道彦

エクゼクティブ・プロデューサー

河井真也

プロデューサー

石原真

共同プロデューサー

田口聖

ライン・プロデューサー

山下泰英

アソシエイト・プロデューサー

久保田修

アソシエイト・プロデューサー

梶川雅也

製作担当

梓河人

原作

高瀬比呂志

撮影

佐光朗

ステディカム

小野晃

照明

阿部浩英

編集

岩倉雅之

録音

斎藤岩男

美術

松川好伸

衣裳

谷口みゆき

スタイリスト

篠塚奈美

スタイリスト

坂崎タケシ

スタイリスト

梅山弘子

スタイリスト

浅野康一

スタイリスト

岩代太郎

音楽

吉田久美子

スクリプト・スーパーバイザー

竹内健二

スチール

SEXTASY ROOM

サウンド・プロデュース

松本肇

ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー

齋藤文哉

CGプロデューサー

上村健

CGプロデューサー

渡部晃久

CGプロデューサー

柿澤潔

サウンド・デザイナー

柴崎憲治

サウンド・エフェクト

福岡洋一

スペシャル・エフェクト・メイクアップ

大原盛雄

監督補

野間詳令

助監督

LUNA SEA

主題歌

MIHO

主題歌

尾上克郎

特撮

中根伸治

特撮撮影

高橋政千

特撮撮影

安藤和也

特撮照明

寒河江弘

特殊美術

鈴木昶

特殊効果

作品データ

原題
Another Heaven
製作年
2000年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
131分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?