TOP > 映画作品を探す > サラリーマン金太郎

人気を博したテレビ・シリーズの映画化で、熱血サラリーマン・矢島金太郎の活躍を描くアクション・ドラマ。監督は「日本黒社会 LEY LINES」の三池崇史本宮ひろ志の同名コミックを下敷きに、テレビ・シリーズ『サラリーマン金太郎』の中園健司と『サラリーマン金太郎 秋の2時間スペシャル』の原田菜緒子が共同で脚本を執筆。撮影を「リング2」の山本英夫が担当している。主演は、テレビ・シリーズでも金太郎役を演じている「バースデイ・プレゼント」の高橋克典

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (2)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヤマト建設東北営業所に赴任した、元暴走族の型破りなサラリーマン・矢島金太郎。ところが所長の伊郷は昼間から雀荘に入り浸りの、これまた型破りな一匹狼。そんな伊郷と何かとぶつかる金太郎は、一方で東北市の公共事業の仕事をゲットしようと市役所に日参していた。だが、公共事業につきものの談合や不正工作が立ちはだかり、仕事は得られそうもない。同じ頃、ヤマト建設本社でも、理由のはっきりしないまま公共事業からヤマトだけが外されるという問題が起こっていた。実は、その裏にはヤマト潰しを企む北東総建と暴力団・天保組、そして大物代議士・谷岡の癒着があったのだ。しかし、そんなことに屈しないのが金太郎。市民ホールの改装工事を巡り、金太郎は北東総建をバックにつけた芝幡工務店と全面対決を宣言。金太郎の信条に賛同し、ようやく重い腰を上げた伊郷の協力を得て、指名競争入札の準備に取りかかる。だがそんな折、実は真澄の父であった伊郷や金太郎の愛息の竜太に小型爆弾が送りつけられた。これに激怒した金太郎は、スーツを脱ぎ捨て特攻服に着替えると、八洲連合のメンバーらと東北市に向けて爆走を開始。天保組を壊滅し谷岡邸に乗り込むも、駆けつけた警官隊によって逮捕され、裁判で有罪判決を受けてしまう。しかし、金太郎にはヤマトの社員をはじめとする一般市民の力強い味方がついていた。裁判所で谷岡逮捕のニュースを知らされ、皆に励まされた金太郎は、再びサラリーマンとして復活することを心に誓う。

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 110
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三池崇史
製作 児玉守弘
製作委員会 原田俊明小山範親川村龍夫谷口元一豊原隆太郎
プロデューサー 森田光則濱名一哉田上節朗中澤敏明高橋紀成松田礼人
ライン・プロデューサー 西村大志山本章
製作担当 鶴賀谷公彦
原作 本宮ひろ志
脚本 中園健司原田菜緒子
撮影 山本英夫
照明 金沢正夫
編集 島村泰司
録音 中村淳
整音 中村淳
美術 稲垣尚夫
衣裳/スタイリスト 中山邦夫
音楽 遠藤浩二
音楽プロデューサー 前田亘輝
スチール 石川登栂子
VFXスーパーバイザー 曽利文彦
音響効果 柴崎憲治
助監督 加藤文明
主題曲 TUBE高橋克典

キャスト

矢島金太郎 高橋克典
中村真澄 羽田美智子
伊郷洋造 山崎努
大和龍之助 津川雅彦
中村加代 野際陽子
谷岡清四郎 山城新伍
矢島竜太 島田智之助
末永美々 榎本加奈子
相原瞳 水野美紀
前田一郎 恵俊彰
田中政和 勝村政信
鷹司誠士 保阪尚希
末永美鈴 斎藤陽子
黒川優作 秋野太作
半田文彦 田口浩正
田部 なべおさみ
倉本 上田耕一
芝幡 田口トモロヲ
大島源造 森山周一郎
椎名忠志 宇崎慧
石黒 中丸新将
工藤 北見敏之
末松 田辺年秋
松下 石山雄大
真弓 田中ちなみ
半田の妻 星瑶子
アナウンサー 小林豊
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > サラリーマン金太郎