映画-Movie Walker > 作品を探す > ペパーミント・キャンディー

ペパーミント・キャンディーの画像

 心がすさんだ男の人生の原点を探る人間ドラマ。現在から過去へさかのぼる大胆な構成を採用し、ひとりの男が破滅していった20年間の歩みが描かれる。韓国で観客の涙を誘い、批評家の絶賛を浴びた話題作だ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 11
レビュー 1
投票 10
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (8)
星4つ 25% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 12% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1999年春。久しぶりに集まった労働組合の元仲間たちによるピクニック。そこに現れたのは、すべてを失い自暴自棄になっているヨンホ(ソル・ギョング)。彼は楽しげな元同僚を尻目に、鉄橋によじのぼり、向かってくる列車に両手を広げて立ちはだかる。その三日前、ヨンホは自殺を決意していた。彼はペパーミント・キャンディーの瓶を抱え、今は人妻となった死の床にある初恋の女性スニム(ムン・ソリ)を見舞いに行く。94年夏。35歳のヨンホは事業で成功を収めていた。しかし妻ホンジャ(キム・ヨジン)は浮気しており、自分も妻を裏切っていた。87年春。新婚で刑事のヨンホ。学生運動家を激しく尋問し、バーの女と一夜の関係を持つ。84年秋。新米刑事のヨンホは、労働組会員に拷問する日々。そんな時、スニムが訪ねてくる。彼は彼女を冷たくあしらい、同じ夜、ホンジャをホテルに誘った。80年5月。光州事件で戒厳令下。軍にいたヨンホは、暗闇の中で足にけがを負いパニックになって、女子高生に誤って発砲してしまう。79年秋。20歳のヨンホは、仲間たちとピクニック。彼はスニムに写真家になりたいという夢を語り、人生で最も美しい瞬間をかみしめていたのだった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 박하사탕
製作年 1999年
製作国 日本=韓国
配給 アップリンク
上映時間 130
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

人間の本質を問う傑作!イ・チャンドン初期作品が見逃せない!
人間の本質を問う傑作!イ・チャンドン初期作品が見逃せない!(2019年3月15日 21:00)

村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を独自の解釈で映画化した『バーニング 劇場版』が公開され、文化人たちから激賞を集めているイ・チャンドン監督。韓国を代表する巨匠が…

村上春樹の短編を映画化!カンヌで絶賛の嵐を巻き起こした話題作が日本公開決定
村上春樹の短編を映画化!カンヌで絶賛の嵐を巻き起こした話題作が日本公開決定(2018年10月17日 08:00)

村上春樹が1983年に発表し海外でも翻訳された短編小説「納屋を焼く」を原作に、『ペパーミント・キャンディ』(99)や『オアシス』(02)で知られる韓国の巨匠イ・…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ペパーミント・キャンディー