映画-Movie Walker > 作品を探す > 17歳のカルテ

17歳のカルテの画像

 精神病院を舞台に、自己の内面を探るナイーブな少女の苦悩を描いた青春ドラマ。自分探しの過程はもちろん、患者たちとの友情や、医師、看護婦との交流が味わい深い。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 79
レビュー 5
投票 74
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 72% (24)
星4つ 100% (33)
星3つ 54% (18)
星2つ 12% (4)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大学に進学しないのは自分だけ、世間体を気にする両親にも理解されない17歳のスザンナ(ウィノナ・ライダー)は、多量のアスピリンとウォッカを摂取したことで精神病院に入院。顔にやけどを負った子、鶏肉と下剤しか口にしない子、病的な嘘つきなど様々な少女たちがいる。就寝時や入浴時など、常時厳しい監視下をかいくぐり、深夜、少女たちは患者のリーダー格リサ(アンジェリーナ・ジョリー)を中心に、自分のカルテを盗み見たり、遊んだりしていた。ある日、リサから脱走を持ちかけられたスザンナは既に退院した少女の家に身を寄せることになった。だがリサは退院した少女が父親と性的関係を持っているとなじり、彼女を自殺に追い込んだ。人の死を前に何もできなかった自分に涙を流すスザンナは、それ以降自分の気持ちを日記にしたため、精神科医や看護婦に思いを打ち明けるようになった。脱走中のリサと離れて安らぎすら覚えるようになったスザンナはいよいよ退院する運びとなり、リサに別れを告げる。だがその晩、リサは他の少女たちの前でスザンナの日記を読み上げ、仲間のことをを書いたことで彼女を責めたてる。スザンナは、リサの心は冷えきっていて、既に死んでいると言い放つ。翌朝、手足をベッドに縛り付けられたリサは、退院するスザンナに私は死んでいないと涙ながらにつぶやくのだった。

見たい映画に
登録した人
68

作品データ

原題 Girl, Interrupted
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間 127
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

感情を体現化したような作品

投稿者:S

(投稿日:2015/02/10)

素晴らしい作品 人の持つ様々な感情 喜怒哀楽を …

[続きを読む]

支持者:0人

アンジーとウィノナが素敵

投稿者:タルーン☆

(投稿日:2009/03/15)

1960年代、アメリカの精神病院が舞台。 確かストーリーを…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 17歳のカルテ