映画-Movie Walker > 作品を探す > アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女

誘拐された少年を巡り、運命に翻弄されていく人間たちの姿を描いたクロニクル。監督・脚本は「汚れた女」の瀬々敬久。撮影を「THE FETIST 熱い吐息」の斉藤幸一が担当している。主演は、「エロスのしたたり」の佐野和宏と「新・団地妻 不倫は蜜の味」の佐々木ユメカ、「OLの愛汁」の佐藤幹雄

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

81年、女優になる夢に破れた傷心のミズキは、出来心から見ず知らずの福田と恵子の赤ん坊をさらう。89年、ソープで働きながら、女手ひとつでヨシキを育てていたミズキは、偶然知り合ったコンビニ店員のタツトシと同棲を始める。しかし、隠しておいた新聞記事でヨシキが誘拐した子供だったことが、タツトシにバレてしまった。焦ったミズキは、福田夫婦の様子を見に行ったタツトシを追って車を走らせるが、運転を誤って大樹に激突。帰らぬ人となる。99年、18歳になったヨシキは、自分が誘拐された子だと知ってグレていた。そんな彼は、福田夫婦が養子にとって育てていたマリと狂言誘拐を企てる。荒れる一方のヨシキに手を焼くタツトシ。彼は、犯罪に走るヨシキを食い止めようとするが、ヨシキは自分の人生はミズキとタツトシの嘘で作られたものだと怒りをぶつけ、タツトシに向けて銃を発砲。自らもまた、ミズキが死んだ大樹の下で命を絶つ。とそこへ車に乗ったミズキが現れ、乳児のヨシキを抱き上げた。81年の光景が再び始まった----。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 新東宝映画
上映時間 68
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 瀬々敬久
プロデューサー 衣川仲人福原彰
脚本 瀬々敬久
企画 朝倉大介森田一人
撮影 斉藤幸一
音楽 安川午朗
編集 酒井正次
録音 福島音響
助監督 菅沼隆

キャスト

タツトシ 佐野和宏
ミズキ 佐々木ユメカ
ヨシキ 佐藤幹雄
マリ 奈賀毬子
グミョウジ 下元史朗
ナカザト 諏訪太朗
ユキ 沢田夏子
ハルカ いずみゆきこ
恵子 薊千露
福田 飯田孝男
タツトシの父 港雄一
タツトシの母 日野悦子
パンク男 川瀬陽太
パンク女 七瀬ミオ
刑事 田中要次
刑事 飯島大介
早川恭平
末広ゆい
上野俊哉
細谷隆広
梶野考
関根直人
坂本匠吾
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女