映画-Movie Walker > 作品を探す > Mr.Pのダンシングスシバー

ベトナム戦争の悪夢に苦しむ黒人寿司職人の夫と、そんな彼を支える日本人妻との愛の軌跡を描いたドラマ。監督は「あふれる熱い涙」の田代廣孝。脚本は、田代監督と夫人の田代智子の共同。撮影を「LUCKY DEVIL」のサーシャ・レンドリックが担当している。主演は、「ロックアップ」のフランク・マクレイと「ドラゴン/ブルース・リー物語」のナンシー・クワン。尚、本作はサンダンス・インスティテュートを初め、NHK、NHKエンタープライズ21、西友、キネマ旬報社が提携し、次世代の映画監督を発掘する"96年度シネマ100/サンダンス国際賞"の日本賞(脚本)を受賞し製作された作品である。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1995年、ロサンジェルスのベニスビーチにある"江戸寿司"で働く黒人看板シェフのブルースは、未だベトナム戦争の悪夢に苦しみながらも、Tシャツ・ショップを営む妻・ミツコと幸せに暮らしていた。ふたりの出会いはベトナム戦争中の横須賀。脱走兵のブルースを、反戦市民活動をしていたミツコが匿ったことに始まる。ある日、ブルースは江戸寿司の支配人・横山から店長になって欲しいと言われ大喜び。ところが、東京本社は横山の提案を却下。その決定に怒ったブルースは横山を殴り仕事を辞めると、自分の店を開くべく資金繰りに奔走を始める。だがその最中、ミツコに日本で暮らす別れた夫と息子が交通事故で半年前に死んだという訃報が届くのだった。哀しみと数々の困難を乗り越え、漸く"Mr.Pのダンシングスシバー"を開店させたブルースとミツコ。店はふたりの予想以上に繁盛するが、その一方で忙しくなったふたりの間には次第に溝が出来始め、やがてふたりの関係は離婚という結末を迎えてしまう。それから数カ月後、ブルースは人生の再起を賭けてホーチミンへ旅立った。ベトナムへ行けば、自分の心に巣くう傷が癒えるかもしれないと思ったからだ。そんな彼を心配して、ミツコもベトナムへ飛んだ。再会したふたりは愛を蘇らせ、ブルースの心の傷も癒える。水田が広がる村、そこでミツコは店の名前の由来を初めて聞かされる。Mr.Pとは、平和ピースのPであったのだと。だがそれを語った後、ブルースは水田の中に倒れてしまうのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Mr.P's Dancing Sushi Bar
製作年 1999年
製作国 日本
配給 シネバレエ
上映時間 90
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > Mr.Pのダンシングスシバー