TOP > 上映中の映画作品を探す > それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき

やんちゃでわがままな星のお姫さまとアンパンマンの勇気を巡る冒険を描く、ジュブナイル・アニメーションのシリーズ第11作。監督は篠原俊哉やなせたかしによる原作絵本を基に、「アンパンマンとおかしな仲間 クリームパンダとおかしの国」の米村正二が脚色。撮影を金井弘が担当している。声の出演に「アンパンマンとたのしい仲間」の戸田恵子。ゲスト・スタアとして、雛形あきこが参加している。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

お城の生活に嫌気がさしたキラキラ星のお姫さま・キララ姫は、本当の勇気を探す為、お城を抜けだし旅に出た。途中、お腹を空かせているところを、宇宙空間をパトロール中のアンパンマンに助けられたキララ姫は、アンパンマンの招待を受けてパン工場にやってくる。しかし、みんなに優しいアンパンマンを独り占めできないことに腹を立てたわがままな彼女は、アンパンマンの勇気の源である”勇気の花のジュース”の瓶を割ってしまう。そのためばいきんまんがジャイアントモグリンを使って町で大暴れしていても、アンパンマンは大苦戦。だがキララ姫が「勇気の花がひらくとき」の歌を歌いスタースティックを振ると、光の中からアンパンマンが再誕しばいきんまんをロケットアンパンチで撃退。こうして、アンパンマンワールドに平和が戻り、本当の勇気を知ったキララ姫は星へ帰っていくのであった。

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 東京テアトル=メディアボックス
上映時間 56
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 篠原俊哉
キャラクター・デザイン 前田実
作画監督 前田実
製作 加藤俊三
企画 清水豊次戸谷仁
プロデューサー 山崎喜一郎山下洋柳内一彦
アシスタントプロデューサー 水沼健二
原作 やなせたかし
脚本 米村正二
撮影監督 金井弘
撮影 トムス・フォト
編集 鶴渕允寿
音響監督 山田悦司山田智明
美術監督 横山幸博池上みどり
音楽監督 鈴木清司
音楽 いずみたく近藤浩章
音楽プロデューサー 山田慎也千石一成国分浩安
特殊効果 林好美
音響効果 糸川幸良
色彩設定 原田幸子
助監督 日巻裕二
主題歌 ドリーミング

キャスト

アンパンマン 戸田恵子
キララ姫 雛形あきこ
ばいきんまん 中尾隆聖
ジャムおじさん 増岡弘
バタコ 佐久間レイ
メロンパンナ かないみか
チーズ 山寺宏一
ドキンちゃん 鶴ひろみ
しょくぱんまん 島本須美
カレーパンマン 柳沢三千代
ロールパンナ 冨永みーな
こてっちゃん 藤井恒久
ホラーマン 肝付兼太
ジェニックシスターズ 大村彩子
ジェニックシスターズ 伊藤絵理香
ジェニックシスターズ 中島礼香
ジェニックシスターズ 酒井若菜

関連ニュース

誕生から45年…「アンパンマン」劇場版30作を歴代映画ポスターと“女優”で振り返る
誕生から45年…「アンパンマン」劇場版30作を歴代映画ポスターと“女優”で振り返る(2018年6月30日 08:00)

1973年に絵本「あんぱんまん」が出版されてから45年、今や国民的キャラクターとして幅広い世代から愛されているアンパンマン。1989年からは毎年、劇場版長編アニ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき