映画-Movie Walker > 作品を探す > ビッグ・ショー!ハワイに唄えば

「のど自慢」に出場し歌手としての自信を取り戻した、売れない演歌歌手・赤城麗子の"その後"を描いたコメディ。監督は「のど自慢」の井筒和幸。脚本は「のど自慢」の安倍照男と井筒監督、塩田千種金子弦二郎のチーム。撮影を「のど自慢」の浜田毅が担当している。主演は「のど自慢」の室井滋

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

「のど自慢」に出場して歌手としての自信を取り戻した赤城麗子は、マネージャーの須貝と歌手志望の付き人・里美と一緒にハワイへ営業にやってきた。早速、女子プロレスの前座で『大阪しぐれ』を歌う麗子。そんな彼女に、日系4世の青年・ジミーがサインを求めてくる。麗子のファンだというジミーに、すっかり舞い上がってしまった麗子は、須貝が止めるのも聞かず、ジミーの車に乗って彼の家を訪れる。翌日、ジミーとの健全なデートを終えてホテルに戻ってきた麗子に、須貝が営業の話を持ってきた。それは、ハワイ公演に来ていた都はるみの前座としてステージに立つこと。ところが、麗子はそんなチャンスを前に二の足を踏んでしまう。実は、デビュー前に都はるみの付き人をしていた彼女は、その時、大チョンボをやらかしていたのだ。それでも、都はるみ直々の勧めもあってステージに立つことになった麗子。しかし、リハーサルなしで立ったステージはボロボロ。またしても、彼女は歌手としての自信を無くしてしまうのであった。そんな時、麗子にジミーがプロポーズしてきた。ジミーの気持ちに、結婚を決意する麗子。だが、やはり彼女は歌を棄てることは出来なかった。麗子は、ジミーとの婚約を破棄して、都はるみのハワイ公演最後のステージへと急いだ。そして、彼女の歌手生命を賭けた一世一代のビッグ・ショーは大成功。もう一度、歌手としてやっていく自信を取り戻した彼女は、須貝と共に帰国の途に着くのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 105
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井筒和幸
プロデューサー 李鳳宇ジェームス・J・フリードマン李柱益石原仁美
脚本 安倍照男塩田千種金子弦二郎井筒和幸
撮影 浜田毅
音楽 藤野浩一
音楽プロデューサー 石川光
主題歌 都はるみ
美術 大坂和美
編集 冨田伸子
録音 鈴木肇
照明 渡邊孝一

キャスト

赤城麗子(藤本鈴子) 室井滋
須貝照男 尾藤イサオ
都はるみ 都はるみ
ジミー 大森南朋
ジョー坂上 加藤茶
田代 原田芳雄
高橋里美 竹内結子
漁火伸二 山本太郎
島田 菅原大吉
メデューサ坂上 武田久美子
日本人レスラー 渡辺智子
ショーの司会者 玉置宏
若井みどり
団次朗
久米明
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ビッグ・ショー!ハワイに唄えば

ムービーウォーカー 上へ戻る