映画-Movie Walker > 作品を探す > 共犯者(1999)

大組織相手に立ち向かっていく殺し屋と人妻の壮絶な戦いを描く、バイオレンス・Vシネマ「カルロス」の続編。監督・脚本は「鉄と鉛」のきうちかずひろ。撮影を「あぶない刑事 フォーエヴァー」の仙元誠三が担当している。主演は、「完全なる飼育」の竹中直人と「踊る大捜査線」の小泉今日子、「エロティックな関係」の内田裕也

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

8年前、日本のヤクザ組織・山城会を壊滅寸前に追い込んだブラジリアン・マフィアのドン・カルロス。ブラジルへの移送を偽装して刑務所から脱出した彼は、山城会との決着をつけるべく動き出すが、偶然立ち寄った蕎麦屋でパートの人妻・聡美を暴力夫から救ってやったことから、彼女と行動を共にするようになる。その頃、8年前の抗争で頭にカルロスの銃弾を喰らい、今はポン中で廃人同然の梶が、山城会から一億という大金を奪って逃走していた。それは、自分のシマを奪って勢力を拡大した山城会への報復だった。だが、梶はカルロスにその金を渡し、ふたりの舎弟・健二と晶夫の行く末を託したところで、追ってきた山城会の西川に射殺されてしまう。その後、健二と晶夫に連絡を取ったカルロスは、彼らと一緒に西川に持ち去られた金を奪回し、梶を殺した組織壊滅の計画を練る。聡美の死んだ叔父が所有していた雑居ビルをアジトとして、そのチャンスを窺うカルロスたち。しかし、組織も黙っていなかった。彼らは、海外から凄腕の殺し屋・ギリヤーク兄弟を呼び寄せると、カルロス殺害を依頼した。さて、山城会に一億の引き渡しを要求したカルロスは、その取引を郊外の廃ビルに指定した。だが、そこへ現れたのはギリヤーク兄弟だった。果たして廃ビルは戦場と化し、その戦いでカルロスは健二と晶夫を失い、ギリヤークも最愛の弟を失ってしまう。ところで、カルロス暗殺が失敗したことを知った山城会の幹部は、掌を返したようにカルロスに一億の引き渡しに素直に応じることを宣言した。しかし、それを知ったギリヤークは、彼らを殺害するとカルロスに改めて挑戦状をたたきつけた。弟の仇をとる為に。こうして、戦いはカルロスとギリヤークのものとなった。ギリヤークとのケリをつける為に、再び廃ビルに出向くカルロスと聡美。聡美は、待ち受けていたギリヤークに殺されるも、カルロスは見事ギリヤークをしとめることに成功する。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 きうちかずひろ
プロデューサー 紫垣達郎國松達也
脚本 きうちかずひろ
企画 黒澤満
撮影 仙元誠三
撮影効果 南好哲竹内純
スペシャルエフェクト 東映化学デジタルテック
音楽 フジヤマ
音楽プロデューサー 高桑忠男
選曲 秋本彰
美術 今村力
編集 田中修
録音 曾我薫
スクリプター 勝原繁子
スチール 安保隆
音響効果 真道正樹
助監督 中村隆彦
照明 渡辺三雄
装飾 大庭信正
衣裳 越智雅之
製作担当 橋本靖

キャスト

カルロス 竹中直人
安田聡美 小泉今日子
エルダー・ギリヤーク 内田裕也
ヤンガー・ギリヤーク 大沢樹生
小野昭一 岩尾正隆
西川泰春 北村一輝
安庄明夫 山西道広
吉崎健二 宮崎光倫
泉晶夫 酒井伸泰
安田亮 緋田康人
サントス マコ・イワマツ
梶弘史 成瀬正孝
蕎麦屋の主人 江幡高志
靴屋の店員 徳井優
アパートの大家 橘雪子
ホテルの従業員 ウガンダ・トラ
山城会組員 李ぢょんほ
山城会組員 家根本渉
山城会組員 問田憲輔
山城会組員 城明男
山城会組員 土平友厚
山城会組員 片岸雅浩
山城会組員 竹嶋康成
山城会組員 平野貴夫
警視庁刑事 保木本竜也
身代わりの男 諏訪太朗
武器商 スティーブ・バートン
武器商 フュリンアーノ・ロペス
フィリオ パウリーニョ・ヴァルガス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 共犯者(1999)

ムービーウォーカー 上へ戻る