映画-Movie Walker > 作品を探す > のど自慢

人気テレビ番組「NHKのど自慢」に出場しようと奮闘する様々な人たちの姿を、笑いと涙で綴ったハートウォーミング・コメディ。監督は「さすらいのトラブルバスター」の井筒和幸。脚本は、『ナチュラル』の安倍照男と井筒監督の共同。撮影を「ラブ・レター」の浜田毅が担当している。主演は、「ヒロイン!」の室井滋と「緑の街」の大友康平。釜山国際映画祭招待作品。

4/5
総評価数 7
レビュー 2
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

年がら年中旅回りの、売れない演歌歌手・赤城麗子と社長兼マネージャーの須貝。彼らが訪れた次の営業先は、麗子の故郷・群馬県桐生市だった。しかし、久しぶりの故郷はいつもと雰囲気が違っていた。それもその筈、町には長者番組「NHKのど自慢」がやってくるのだ! 荒木圭介は、何をやってもうまくいかない中年男。愛妻と4人の娘、そして義母を養わなくてはならない彼は、焼鳥屋のフランチャイズ・焼き鳥ピーコちゃん・に人生の再起を賭け、目下焼鳥販売の研修を受けている。土曜日の試験に合格すれば、ピーコちゃんの店長として明るい未来が待っているのだ。ところが、大の目立ちたがり屋でもある圭介は、どうしてものど自慢に出たくて仕方がない。のど自慢の予選会は、ピーコちゃんの試験と同じ日だ。家族の応援の下、圭介はピーコちゃんとのど自慢の両方に合格しようと奮闘する。高橋里香は、地元の高校3年生。スナックを経営する母と姉の3人で暮らしている彼女は、いつも自分の気持ちを素直に表現できないことに苛立ちを感じていた。その日も、不倫の末に妊娠してしまった姉が母親と口論している場面で、喧嘩を煽るような発言をして自己嫌悪。そんな彼女の夢は歌手になること。どうしてものど自慢に出場して、その足がかりを掴みたいと思っている。隣町で椎茸栽培をしている老人・耕太郎は、東京で暮らす息子夫婦に頼まれて、登校拒否児の孫・康太郎を引き取り一緒に暮らしている。だが彼の元に、息子夫婦からサンパウロ転勤の知らせが届く。漸く心を開きかけた孫との別れは淋しい。そんな孫の為に、耕太郎はのど自慢で応援歌を歌ってやりたいと願う。さて、地元なら多少はCDも売れるだろうと高をくくっていた赤城麗子こと本名・藤本鈴子は、予想が外れてしまったお陰で遂に営業資金に事欠くようになる。頼みの綱は、床屋を営んでいる父親だたひとり。実家に戻った彼女は、しかしそこで常連客が捨てていったのど自慢予選会出場の葉書を拾ってしまうのであった。「一度でいいから満員のお客さんに、私の歌を聴いてもらいたい」歌手として自信を失いかけていた彼女は、須貝に黙ってのど自慢の予選会に出かけることを決心する。予選会当日。里香や耕太郎、鈴子は見事合格。圭介も社長の葬式で出席できなくなったタクシー運転手のお陰で、繰り上げ合格となった。そしていよいよ本番の日、悲喜こもごも、出場者はいろんな想いを胸にマイクを握った----。まずは、家を出ていった姉に向けて「花」を歌った里香が合格。「鐘が鳴らなかったら歌手を辞める」と父親に宣言した鈴子も、「TOMORROW」を歌って鐘が鳴った。しかし「また逢う日まで」を歌った圭介は、歌っている最中にピーコちゃんの合格の知らせが入って嬉しさのあまり音程を外し、残念ながら鐘ふたつとなってしまった。孫の為に「上を向いて歩こう」を熱唱した耕太郎老人は見事合格。孫の康太郎もそんなおじいちゃんに向けて、元気な笑いを投げかけてくれるのだった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 東宝=シネカノン
上映時間 112
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井筒和幸
プロデューサー 李鳳宇石原仁美根岸洋之
脚本 安倍照男井筒和幸
撮影 浜田毅
音楽 藤野浩一
音楽プロデューサー 石川光
主題歌 のど自慢シンガーズ赤城麗子
美術 中澤克巳
編集 冨田功
録音 井上宗一
スクリプター 荘原はる
スチール 矢野力平野晋子
助監督 日垣一博
照明 渡邊孝一
ラインプロデューサー 佐々木裕二
スタイリスト 高橋智加江
制作担当 黛威久

キャスト

赤城麗子(藤本鈴子) 室井滋
荒木圭介 大友康平
須貝 尾藤イサオ
高橋里香 伊藤歩
耕太郎老人 北村和夫
麗子の父 小林稔侍
荒木美代子 松田美由紀
近藤 竹中直人
荒木美子 佐々木すみ江
住職 由利徹
足立 光石研
審査委員長 岸部一徳
ディレクター 田口浩正
高橋朋代 初瀬かおる
里香の母親 りりィ
のど自慢ゲストスタア 坂本冬美
のど自慢ゲストスタア 大川栄作
アナウンサー 金子辰雄
康太郎 三浦斗夢
ミーハー息子 近藤芳正
小林 笹野高史
名曲堂の店主 山谷初男
阿部 桜金造
作曲家の先生 古尾谷雅人
ピーコちゃんの先輩 坂上香織
あずさ1号 木下ほうか
あずさ2号 徳井優
坂上タマ 朝霧鏡子
橋本 菅原大吉
口紅の土建屋 でんでん
小林佳織 弘中麻紀
腹話術の師匠 川上のぼる
宴会の酔っ払い 九十九一
ホテルのフロントマン 大石継太
ピーコちゃんの試験官 石丸謙二郎
荒木聡美 工藤浩乃
荒木宏美 佐藤芙雪
荒木久美 磯部詩織
荒木琴美 向田暎子
荒木琴美 向田翔子
ミッキー ミッキー
圭介の友達 日野陽仁
フォックス毛皮の女 長曽我部蓉子
回転寿司の「雨」 青柳文太郎
友美 武田未帆
アキ 栗原海
里香の友達 河井誠
里香の友達 北村有起哉
里香の友達 則友謙司
里香の友達 萩原健太郎
耕次 並樹史朗
耕次の妻 青梗菜悦子
赤ブレ1号 高橋正宇
赤ブレ2号 高橋清文
赤星昇一郎
横山知枝
フーテンの寅さん キャベツ白坂
国定忠治のおばはん 仁科克子
徹子 永住千夏
徹子の入り婿 堀崎太郎
「大志」 松美里杷
「大志」 上村依子
鐘のおじさん 乙部春彦

レビュー

井筒監督最高傑作!

投稿者:でーいー

(投稿日:2016/7/22)

分かりやすいストーリーに、笑って泣けて、爽やかで潔いラストの…

[続きを読む]

支持者:0人

マイベスト映画第3位

投稿者:ソヨカゼ

(投稿日:2007/1/13)

思いっきり笑えて、思いっきり泣ける。 大友康平がハマリ…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > のど自慢