映画-Movie Walker > 作品を探す > 虹の岬

昭和二十年代、・老いらくの恋・という流行語を生むほどの許されぬ恋に生きた歌人・川田順と教授夫人・森祥子の愛の軌跡を綴ったドラマ。監督は、これまでテレビ・ドラマなどの演出を手がけ、本編で劇場用映画デビューを飾った奥村正彦。第30回谷崎潤一郎賞を受賞した辻井喬による同名原作を基に、中村努が脚色。撮影を「風の歌が聴きたい」の坂本典隆が担当している。主演は、「花のお江戸の釣りバカ日誌」の三國連太郎と「愛を乞うひと」の原田美枝子

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

京都大学教授・森三之介の元へ、母親に言われるまま嫁いだ平凡な主婦・祥子が、住友本社の理事という地位を捨ててまで短歌の道を精進しようとした歌人・川田順と出会ったのは、昭和19年5月に行われた歌の会のことであった。夢見がちな祥子はロマンチシズムの心情を持つ川田に憧れ、敗戦後、新古今集の評釈を始めた川田の清書の手伝いをするようになる。だが、そんな妻の行状を三之介は快く思わず、川田の手伝いを辞めるように再三宣告した。しかし、彼女はそれを決して辞めようとしないばかりか、やがて川田との許されない恋に落ちていくのであった。姦通罪が廃止され、戦後民主主義が芽生え始めた時期とは言え、新聞や雑誌はふたりの・不倫・を報じた。一度は実家に身を隠す祥子であったが、実家にも居づらくなり、結局3人の子供を捨て川田の家に身を寄せることになる。やがて、三之介との離婚が成立した祥子は、川田への愛を貫こうと川田に身も心も捧げるも、川田は祥子に多大なる迷惑をかけたという思いから自殺を図ってしまう。祥子のお陰で一命を取り留めた川田は、その後、祥子と結婚。独立した長女・尚子を除く、ふたりの子供を京都から引き取り、掬泉居と名づけた関東の家で暮らすようになる。しかし、その生活は苦しいものであった。雑誌社へ原稿を持ち込むが、・老いらくの恋・と陰口を叩かれ、どこも相手にしてくれないのだ。そんな中、婦人画報の野口という男が川田に戯曲を書くように勧めてくれた。初めは演劇界にも受け入れられなかった川田だが、やがてそれも軌道に乗り、彼の書いた戯曲は歌舞伎座で演じられるまでになる。家の近くの岬に立った川田は、人生を振り返りひとつの歌を詠む。それは、何一つ成し遂げられなかった自分であったが、祥子を想う心だけは貫いたという意味の歌であった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1999年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 115
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 奥村正彦
製作 中川眞次
プロデューサー 藤井浩明福島聡司
原作 辻井喬
脚色 中村努
企画 植村伴次郎
撮影 坂本典隆
選曲 伊藤克己
美術 藤原和彦
編集 川島章正
録音 宮本久幸
スクリプター 赤澤環
スチール 小林茂
音響効果 渡部健一
助監督 酒井直人
照明 西表灯光
装飾 神田明良
ビジュアルエフェクトスーパーバイザー 石井教雄
衣裳 萬木利昭
製作担当 松枝彰

キャスト

川田順 三國連太郎
森祥子 原田美枝子
森三之介 夏八木勲
野口洋 内野聖陽
森尚子 中江有里
田野久保千恵 若林しほ
谷崎潤一郎 すまけい
小倉総理事 神山繁
川田順の母 高島礼子
名誉教授夫人 三林京子
名取夫人 星由里子
住友吉左衛門 堀内正美
陸軍大佐 橋本功
名誉教授 村上冬樹
森三彦A 田山辰三
森三彦B 高橋一生
森吉枝A 沼澤佑香
森吉枝B 倉本薫
川田周男 片岡弘貴
徳川国子 野村ゆみ
夕起子 川幡由佳
邑司光彦 出光秀一郎
邑司の妻 片桐千里
邑司の家人 重松収
祥子の母 中村万里
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 虹の岬