映画-Movie Walker > 作品を探す > レストラン

レストランに集う若者たちの哀歓を描いた青春ドラマ。監督・製作のエリック・ブロス以下、新鋭の映画人が結集。脚本はトム・カドワース。製作総指揮はマイケル・ブリスク、H・M・コークリー、ガルト・ニーダーフォファー、ゲーリー・J・パレルモ、マーク・D・セヴェリニ。撮影はホレイショー・マーキネズ。音楽はセオドア・シャピロ。美術はスティーヴン・マッケイブ。編集はキース・リーマー。衣裳はエリザベス・シェルトン。出演は「シン・レッド・ライン」のエイドリアン・ブロディ、「スクリーム2」のエリス・ニール、フージーズのヴォーカルにして若手黒人女性アーティストの筆頭で「天使にラブ・ソングを2」など映画出演もあるローリン・ヒルほか。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ハドソン川をはさんでマンハッタンを臨むニュージャージー州ホーボーケン。25歳のクリス(エイドリアン・ブロディ)はレストランのバーテンダーとして働きながら劇作家を目指す日々。クリスと1年半前に別れた恋人レスリー(ローリン・ヒル)は、クリスの同僚で俳優の卵のケニー(サイモン・B・デニー)と付き合うはじめ、クリスは彼女を責めながら自己嫌悪に陥る。あげくはクリスがレスリーとの別れを描いた芝居の主役によりによってケニーが選ばれてしまった。レストランでこれを聞いてケニーにつかみかかるクリスだが、これがきっかけでその場にいた黒人歌手を目指すキュートな新人ジャニーン(エリス・ニール)と急接近。交際をはじめるふたりだが、レストラン内部での人種差別問題が起こり、クリスは芝居の結末も書けないという事態になり、ジャニーンは思いがけずクリスの元恋人のレスリーと鉢合わせしたこともあってふたりはうまくいかなくなる。レスリーはクリスに結婚することを伝え、ふたりはきれいに関係に終止符を打ち、クリスはなんとか脚本を書き上げて自分がジャニーンと一緒にいたいことを改めて知る。レストランでの差別問題は尾を引き、仲間のレゲエが殺されるという事件まで起こった。そんななかでクリスは下働きの黒人に挑発されてつい差別発言をしてしまい、自分の中に巣食う偏見と向き合い、慚愧の念に耐えない。レゲエの葬式でクリスはジャニーンと再会し、ふたりの明日に思いをはせるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Restaurant
製作年 1998年
製作国 アメリカ
配給 ファブ・フィルムス
上映時間 108
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > レストラン