映画-Movie Walker > 映画作品を探す > スター・トレック 叛乱 > レビュー

投稿レビュー(1件)スター・トレック 叛乱は星3つ

STAR TREK : INSURRECTION (投稿日:2007年1月30日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

監督 ジョナサン・フレイクス
出演 パトリック・スチュワート、ジョナサン・フレイクス、ブレント・スパイナー、
    レヴァー・バートン、マイケル・ドーン、ゲイツ・マクファデン、
    マリーナ・サーティス、F・マーリー・エイブラハム、ドナ・マーフィ、
    アンソニー・ザーブ、グレッグ・ヘンリー、マイケル・ウェルチ他

エンタープライズEの艦長ピカード(スチュワート)は、クルーのアンドロイドのデータ少佐(スパイナー)がソーナ人との共同調査チームに参加中、突如反乱を起こしたと報告を受ける。
チームがいるバクー人の惑星へ人質救出に向かったピカードは、バクー人が不老不死の種族という驚くべき事実を知る。
ピカードの上官ダワティ提督(ザーブ)はソーナ人の司令官ルアフォ(エイブラハム)と共謀してバクー人を強制移住させ、永遠の若さの秘密を手に入れようとしていたのだった。この陰謀に気づいたピカードはすべてを捨てる覚悟でバクー人のために戦う決意をするのだった。
ピカードはライカー副長(フレイクス)にダワティとルオフォの陰謀を連邦議会に報告させ、自身はデータ(スパイナー)、ウォーフ少佐(ドーン)、ドクター・クラッシャー(マクファデン)らわずかなメンバーと艦を降り、バクー人を避難させようとするのだった。
地球へ向かうライカー率いるエンタープライズはソーナ人戦艦2隻と戦いになり、一方バクー人を避難させているピカードはバクー人と共にルオフォに拉致される。ピカードはルオフォらソーナ人とバクー人のDNAが同じで元は同族で、ルオフォはかつてバクー人に追放されたということを知り、ダワティにこの事を伝えるのだった。ダワティはルオフォに作戦の中止を要求するが、ルオフォに殺されてしまうのだった…。

“映画版スター・トレックシリーズ”の9作目で、“新スター・トレックシリーズ”の第3作目です。

“新スター・トレックシリーズ”4作品中で一番面白くない作品です。
内容は実は追放された者達の復讐だったというSF的にありふれているのとオリジナルシリーズと関係ない民族だったのがあまり面白くない要素です。
さらに、艦隊戦も「スター・トレック;ジェネレーション」同様に指揮するのはライカーでピカード指揮でないし、さらにその艦隊戦はあまり盛り上がらない戦いです。

映画版では、ピカードが完全に肉体的アクションヒーローになってしまってます、今回もランボーばりにアクションしています。個人的には知性派の艦長というイメージがあったので、映画版ではイメージが一転しました。

TVシリーズのエンタープライズDは「スター・トレック;ジェネレーション」でつぶれた為、前作の「スター・トレック:ファースト・コンタクト」からエンタープライズEになり形状が大幅に変わりました。D型は完全にアニメ的だったのがE型は機械的になり、旧シリーズのエクセルシオをスマートに格好良くした感じになりました。E型は結構良いので好きです。
»ガイドライン違反報告

投稿:ター坊

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > スター・トレック 叛乱 > レビュー