TOP > 映画作品を探す > プッシャー(1996)

麻薬密売人の破滅への道行きを描いたクライム・サスペンス。監督はデンマーク出身でアメリカ育ちの新鋭ニコラス・ウィンディング=レフンで、脚本は彼とイェンス・ダールの共同。製作はアンリック・ダンストラップ。製作総指揮ぺーター・アールベイク・イェンセンとテディ・ガーバーク。撮影はモーテン・ソーホーグ。音楽はペーター・ぺーターとポヴル・クリスチャン。編集はアン・オエストラッド。出演はキム・ボドゥニア、ローラ・ドラスペイクほか。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
11

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

デンマーク、コペンハーゲン。やり手の麻薬密売人のフランク(キム・ボドゥニア)は、パートナーのトニー(マッツ・ミクルセン)と組んで仕事を続けていた。彼にはヴィク(ローラ・ドルスヴェイク)というストリッパー兼娼婦の愛人がいたが、南の国での生活を夢見る彼女と違い、フランクは麻薬の隠し場所として彼女のアパートを利用しているだけだった。そんなある日、ヘロインの取引中に警察に逮捕されてしまい、おかげで麻薬組織のボスのミロからの借金を返済できない羽目に陥った。手下から脅迫され、身の危険も感じるようになったフランクは必死の思いで金策に駆け回るが、もはや彼の運は尽きてしまっていた。かくして、フランクは破滅への道を一挙にたどるのであった。

作品データ

原題 Pusher
製作年 1996年
製作国 デンマーク
配給 オンリー・ハーツ
上映時間 105
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

マッツ・ミケルセンが語る、演じることへの情熱「映画出演を妻に報告すると、いつも呆れられてしまいます」
マッツ・ミケルセンが語る、演じることへの情熱「映画出演を妻に報告すると、いつも呆れられてしまいます」(2019年11月9日 13:30)

雪と氷に覆われた極寒の白い荒野、北極での孤独なサバイバルを描くのが『残された者 -北の極地-』(公開中)だ。説明的なセリフや情報を排した本作で、ただ“生きる”こ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > プッシャー(1996)