映画-Movie Walker > 作品を探す > スパニッシュ・プリズナー

詐欺師たちの罠に巻き込まれたエリート会社員の苦闘を描くサスペンス。題名は古典的な詐欺の手口で、「自称亡命貴族の男が“国に財産と妹を置いてきた残してきた”と言って美しい妹の肖像を見せ、成功したら妹と財産をやろうと救出資金を頼む」というもの。監督・脚本は現代アメリカ演劇を代表する劇作家デイヴィッド・マメットで、『スリル・オブ・ゲーム』(V)『週末はマフィアと!』(V)「殺人課」『Oleana』に続く監督第5作。製作は「世界中がアイ・ラブ・ユー」はじめウディ・アレン作品で知られるのジーン・ドゥメイニアンで、製作総指揮も同作のJ・E・ボーケーア。撮影は「黙秘」のガブリエル・ベリステイン。音楽は「ビッグ・リボウスキ」はじめコーエン兄弟作品の常連のカーター・バーウェル。美術はティム・ガルヴィン。編集はバーバラ・タリヴァー。衣裳はスーザン・ライオール。出演は「ミセス・パーカー ジャズ・エイジの華」のキャンベル・スコット、「花嫁のパパ1、2」のスティーヴ・マーティン、監督夫人でもある「殺人課」のレベッカ・ピジョン、「ビッグ・リボウスキ」のベン・ギャザラほか。

2/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

カリブのリゾート、エステフェ島。ビジネスマンのジョー・ロス(キャンベル・スコット)は会社に莫大な利益をもたらす市場を支配することができるデータである“プロセス”を発明し、その説明を会社の要人たちに説明するために同地を訪れた。彼は雇い主のクライン社長(ベン・ギャザラ)が発明の権利を自分から奪い取ろうとしているのではないかと不安を抱いていた。そんな折り、ジョーは謎の男ジミー・デル(スティーヴ・マーティン)と出会う。富豪でテニスの名選手である妹がいるという彼は、ジョーから発明の話を聞くや、協力を申し出、妹との縁談を持ちかける。疑念を抱きながらも、会社との関係も悪化したためデルと手を結ぼうとするジョーの前に、デルを追っているというFBIの捜査官マキューン(フェリシティ・ハフマン)が現れる。FBIの指示のもと、発明の書類を手にデルとの約束の場に出向いたジョーだが、デルは現れないばかりか、なんと書類はいつのまにか白紙とすり替えられていた。警察に届け出たジョーだが、デルの姿は家はもちろん、存在の証拠もろとも完全に消えていた。ジョーはかねて彼に好意をみせてくれていた秘書のスーザン(レベッカ・ピジョン)の助けを求める。どこかに残っているはずのデルの存在を証明する証拠を探すジョーにいつしか魔の手が忍び寄る。なんとスーザンも敵の一味だったのだ。姿を現したデルがジョーに銃口を向ける。絶体絶命のジョーは思いもかけないかたちで救われた。すべては彼から発明を奪おうとするクライン社長の謀略で、ジョーは知らぬ間に捜査の都合上、詐欺師を追うための囮にされていたのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Spanish Prisoner
製作年 1997年
製作国 アメリカ
配給 ポニーキャニオン=東京テアトル
上映時間 105
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スパニッシュ・プリズナー