TOP > 上映中の映画作品を探す > フェアリーテイル

第一次大戦下のイギリスを背景に少女達の純真無垢な心を描いたファンタジー。監督は「ハンドフル・ダスト」のチャールズ・スターリッジ。脚本はアー二ー・コントレラス。製作は「ザ・ファン」のウエンディ・ファイナーマン、「アンナ・カレーニナ」のブルース・デイヴィー。撮影は「フォー・ウェディング」のマイケル・コールター。音楽は「トリコロール」三部作のズビグニエフ・プレイスネル。出演は「イノセント・ライズ」のフロレンス・ハース、本作が映画初出演のエリザベス・アール、「ラルフ一世はアメリカン」の重鎮ピー.ター・オトゥール、「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のハーヴェイ・カイテルほか。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
4

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

幼いフランシス(エリザベス・アール)は行方不明の父が戻るまで従姉妹のエルシー(フロレンス・ハース)の家に身を寄せる。ある日二人が撮った写真に妖精の姿があった。写真はエルシーの母ポリー(フィービー・ニコルズ)から人づてに作家のコナン・ドイル(ピーター・オトゥール)の元へ。彼は新しいカメラをみやげに二人の家へ向かう。そのカメラでも妖精が写ったため、ドイルはこのことを記事にした。すると人々が妖精探しに殺到し、静かな環境は一転する。そんな頃ドイルは二人をロンドンへ招待する。彼女達の純真さに触れた大人たちは心を洗われる。ロンドンから戻り妖精が家の中を飛び回る晩、フランシスの父が迎えに来たのだった。

作品データ

原題 Fairytale
製作年 1998年
製作国 イギリス
配給 パイオニアLDC配給(パイオニアLDC=テレビ東京=パルコ=東京テアトル提供)
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > フェアリーテイル