映画-Movie Walker > 作品を探す > ギャングシティ

麻薬捜査をめぐり錯綜する人間関係が織りなすクライム・サスペンス。監督・脚本は「計画性のない犯罪」(監督)「ラッシュアワー」(脚本)のジム・コーフ。製作はブラッド・クレヴォイとスティーヴ・ステイブラーのコンビとジョン・ベルトッリ。製作総指揮は「コン・エアー」のリン・ビクロー=カウフ。撮影はブライアン・J・レイノルズ。音楽はスコアを「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」のミッキー・ハート、音楽監修は「メリーに首ったけ」ハッピー・ウォルターズが担当。美術は「ブレードランナー」のチャールズ・ブリーン。編集は「エクソシスト3」のトッド・ラムゼイ。衣裳は「刑事ジョン・ブック 目撃者」のシャリ・フェルドマン。出演は「リバース」のジェームズ・ベルーシ、ラッパーで本作が遺作となった「グリッドロック」のトゥーパック・シャクール、「ため息つかせて」のレラ・ローコン、「愛に迷った時」のデニス・クエイド、「輝きの大地」のジェームズ・アール・ジョーンズ、「レッサー・エヴィル」のデイヴィッド・ペイマーほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ドラッグ取引で小金を稼いでいた刑事コンビのディヴィンチ(ジェームズ・ベルーシ)とロドリゲス(トゥーパック・シャクール)は、ある日証拠隠滅のために射殺して始末した売人が実は麻薬取締局の潜入捜査官だと知り驚愕。ふたりは浮浪者のジョー(デニス・クエイド)を犯人にでっちあげるが、事件の捜査は進むばかり。ディヴィンチの恋人である踊り子シンシア(レラ・ローコン)、ジョーの弁護に立った敏腕弁護士ベイラー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)、官選弁護人エリオット(デイヴィッド・ペイマー)、そしてディヴィンチの本妻で検事のヘレン(ウェンディ・クルーソン)らを巻込み、事態は複雑になっていく。悪徳をまっとうしようとするディヴィンチと我が身かわいさと正義感のはざまで苦しむロドリゲス。ふたりはお互いに疑心暗鬼に陥りながら、解決の道を探るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Gang Related
製作年 1998年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 111
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ギャングシティ