TOP > 映画作品を探す > ホームドラマ

一匹のネズミの闖入で平和な家庭が崩壊するさまをグロテスクに描いたブラックコメディ。監督・脚本は「海を見る」のフランソワ・オゾンで本作品が長編第1作となる。製作のオリヴィエ・フデルボスクとマルク・ミソニエ以下、撮影のヨリック・ルソー、音楽のエリック・ヌヴーは「海を見る」のスタッフ。美術はアンジェリック・ピュロン。出演はエヴリーヌ・ダンドリイ、フランソワ・マルトゥレ、「海を見る」のマリナ・ド・ヴァン、アドリアン・ド・ヴァン、「サマードレス」のルシア・サンチェスほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フランスの豪邸。父親ジャン(フランソワ・マルトゥレ)が帰宅するや銃声が響く。数カ月前。ジャンがネズミを持ち帰った晩、家政婦のマリア(ルシア・サンチェス)と夫のアブドゥ(ジュール=エマニュエル・ヨウム・デイド)を招いた夕食会で息子ニコラ(アドリアン・ド・ヴァン)がゲイ宣言。ネズミに噛まれたアブドゥはゲイの手ほどきをする。ネズミを撫でていた娘ソフィ(マリナ・ド・ヴァン)は窓から身を投げ半身不随に。彼女の恋人ダヴィッド(ステファーヌ・リドー)はネズミを触ったマリアに誘惑される。母親エレーヌ(エヴリーヌ・ダンドリイ)はネズミを手にして以来息子と肉体関係を持つ。ジャンは家族3人の留守中ネズミを電子レンジに入れて平らげた。帰宅した3人を巨大ネズミが襲い、ソフィがめった刺しに。後日家族でジャンの墓参りをするのだった。

作品データ

原題 Sitcom
製作年 1998年
製作国 フランス
配給 ユーロスペース
上映時間 80
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ホームドラマ