TOP > 映画作品を探す > 愛のトリートメント

様々な理由で娼婦になった女性たちをコミカルなタッチで描いた一編。監督・脚本は「マーズ・アタック」の脚本で一躍有名になったジョナサン・ジェムズで、本作が監督デビューとなる。原作は彼の実母であるパム・ジェムスの同名舞台劇。製作はロバート・ミッケルン、パトリス・ジョーンズスーザン・シャピロ。製作総指揮はカール・コルパートダン・セールズ。撮影はジョーイ・フォーサイト。音楽はスティーヴン・クロウズ。美術はジョナサン・ローパルタス。編集はネッド・パスティル。衣裳はヴァーノン・サイモン。SFXはアルティメイト・エフェクツ。出演は「ティコ・ムーン」のジュリー・デルピー、「フランキー・スターライト」のジョージナ・ケイツ、「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」のパメラ・ギドリー、「トゥーリーズ・ラウンジ」のダニエル・ボールドウィン、「ヒューゴ・プール」のパトリック・デンプシー、「あなたに降る夢」のシーモア・カッセル、「ラヴィアン・ローズ」のヴァンサン・ペレーズほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカのとある町の売春宿では、個性的な3人の娼婦がウリである。子供の急死からドラッグに溺れ、夫に背を向けるフランチェスカ(ジュリー・デルピー)、レストランを開くためにレズビアンのパートナーと貯金にいそしむドリー(パメラ・ギドリー)、敬虔なキリスト教徒で稼いだ金を教会に寄付するミミ(ジョージナ・ケイツ)。赤毛娘から聖女まで客のあらゆる要望にこたえるが、ミミは変態プレイで傷だらけ、ドリーは家にまで追われて求婚される始末。店の元締めトニー(ダニエル・ボールドウィン)の所ヘブランチェスカの元夫マイク(パトリック・デンプシー)がやってくる。折りしも市長(シーモア・カッセル)の誕生日パーティーの話が舞い込んでいた店では3人娘を説得し会場へ向かう。マイクも後を追うのだった。ケーキの中にミミをもぐりこませて市長を驚かそうとしたものの、体調の悪い彼女は中で失神していた。それをいいことに市長は彼女を襲おうとするが、突然彼女が起き上がったショックで市長は死んでしまう。一方、マイクはフランチェスカを連れ出し、反発しながらも次第に彼女は落ち着きを取り戻す。パーティーは救急車の到着で幕切れとなった。その後ドリーは目標額を達成、ミミも退院するのだった。

作品データ

原題 The Treat
製作年 1997年
製作国 アメリカ
配給 パルコ=ザナドゥー
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 愛のトリートメント