映画-Movie Walker > 作品を探す > ヒロイン!

商売敵で犬猿の仲の有閑マダム率いるママさんバレーボール・チームに、浪花のシングルマザーが仲間と共に勝負を挑んでいく姿を描いたスポーツ・コメディ。監督は「風の王国」の三原光尋で、本作が劇場用本篇デビュー作。脚本は久保田傑と三原監督の共同。撮影を「ロマンス」の本田茂が担当している。主演は「釣りバカ日誌8」の室井滋。関西テレビ開局40周年記念作品。大阪地区では1998年9月26日に先行公開された。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大阪の下町に暮らす浜崎百合子は、夫と死別して以来、女手ひとつで娘のちなつを育てながら、酒屋を切り盛りしているパワフルな女性だ。店のあるしんみち商店街でも、頼りがいのある姉御として人望も厚い。ところが、その商店街にこのところ嫌がらせが多発していた。どうやら、近所にオープン予定のスーパー長峰のオーナー夫人・長峰紀子が、背後で糸を引いているらしい。しかもこの紀子は、百合子の小学校以来の犬猿の仲だったのである。間もなくスーパー長峰が開店した。商店街はもろにその打撃を喰らい、常連客を奪われてしまう。ここはなんとかしなくてはならない。百合子は、紀子がママさんバレーのチームピンクサファイアのリーダーであったことから、自らも商店街の仲間9人を誘って浪花ボンバーズを結成。バレーボールで対決することになる。しかし、その実力は雲泥の差。ボンバーズは無残なまでの惨敗を喫してしまう。そんな彼女たちの試合を取材していたのが、地元新聞なにわ日報の記者・大橋だった。かつてバレーボールのコーチの経験のある彼を、コーチとして迎え入れようとする百合子。だが、大橋は頑としてその願いを受け入れなかった。何故なら、彼は熱心な指導のあまり有望な選手を潰してしまった過去があったのだ。仕方なく、浪花ボンバーズは百合子を中心として練習をする。しかし、どんなに練習を重ねても他チームとの練習試合に勝てないばかりか、バレーボールばかりに熱中するあまり蔑ろにしていたちなつが百合子に反抗。家族の危機に、百合子は暫くボンバーズを休むことを余儀なくされる。百合子を欠き、士気を失うボンバーズの面々。しかし、バレーボールを忘れられない百合子は再びボンバーズに戻ると、「練習中にた例え命を落とすようなことがあっても文句は一切言いません」という誓約を大橋と交わし、彼の指導の下、猛特訓を開始するのであった。やがて、大阪府家庭人バレーの大会が開かれ、ボンバーズもそれに参加。大橋の特訓の成果もあり、試合に勝ち進んでいった。ところが、またしても問題が起こる。百合子の膝に水がたまってしまったのだ。これ以上バレーボールを続ければ歩けなくなってしまうかもしれない。だが、百合子は浪花女の意地にかけてピンクサファイアとの決勝戦に出場しなければならないのだ。いよいよピンクサファイアとの決勝戦。試合は一進一退の展開を見せる。途中、ボンバーズのメンバーのひとりがオカマだったことがバレるが、ちなつの応援もあって、百合子は膝の痛みを押さえてジャンプサーブを決め、見事優勝を勝ち取るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1998年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 100
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三原光尋
製作 加藤哲夫佐々木史朗
プロデューサー 久里耕介佐藤美由紀
脚本 久保田傑三原光尋
企画 植村泰之
撮影 本田茂
音楽 藤田辰也
音楽プロデューサー 秋元康
主題歌 室井滋
美術 三浦伸一
編集 宮島竜治
録音 深田晃
スクリプター 生田透子
スチール 堂地勝己
音響効果 福島行朗
助監督 佐藤英明
照明 高坂俊秀
装飾 矢野貴章
衣裳 山咲とも中平真由
製作担当 澤井克一

キャスト

浜崎百合子 室井滋
大橋蔵之介 伊原剛志
長峰紀子 中川安奈
浜崎ちなつ 中尾貴子
浜崎梅子 海原小浜
萩田会長 逢坂じゅん
謎の長老 笑福亭松之助
中崎香織 上野みさ
堺千秋 中西喜美恵
西荻タンドリー アヌパ・シャー
森町晴子 村木よし子
道明寺真子 西野勝広
松原一枝 町野あかり
富田林良子 鴨鈴女
大日桂子 生田朗子
千里幸代 六車奈々
長峰健一 田中貴広
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ヒロイン!