TOP > 上映中の映画作品を探す > 花のお江戸の釣りバカ日誌

おなじみハマちゃんとスーさんのコンビが繰り広げる人情喜劇シリーズの第12弾となる、時代劇作品。監督は「釣りバカ日誌10」の栗山富夫。脚本は「学校III」の山田洋次朝間義隆、撮影は藤原三郎。主演は「釣りバカ日誌10」の西田敏行三國連太郎、「SADA」の黒木瞳

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
4

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

釣り好きが元でお抱えの藩をクビになってしまった浜崎伝助は、妹の美津とふたり、長屋で浪人暮らしをしている。いつものように夜釣りに出かけた伝助は、そこでどこか寂しげな隠居・鈴木一之助と出会う。同好の士としてすっかり意気投合したふたりだったが、実は一之助は庄内藩の江戸家老であった。次の日、いつものように仕官の口を求めて面接へ出掛けた伝助だが、特技は夜目が効くことと釣りしかなく、当然ながら面接官たちから総スカンを食らう。しかし一之助の鶴の一声でめでたく採用となった。ところがやはり何をやっても全くダメな伝助。ついついさぼって庭の池で釣りに興じていて、危うく上司に見つかりそうになったところを小浪に助けてもらう。小浪の美しさと優しさに一目惚れしてしまう伝助。しかし、その後の庄内藩と一之助の危機を得意の釣りの腕と夜目が効くことを生かして救った伝助は、「欲しいものを褒美として与える」という一之助の言葉に後押しされて小浪に求婚、めでたく結ばれるのであった。

作品データ

製作年 1998年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 118
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 栗山富夫
製作担当 水野純一郎
製作主任 高坂光幸
プロデューサー 瀬島光雄中川滋弘佐生哲雄
原作 やまさき十三北見けんいち
脚本 山田洋次朝間義隆
撮影 藤原三郎
照明 中島利男
編集 園井弘一
録音 中路豊隆
美術 西岡義信倉橋利韶
音楽 和田薫
スチール 金田正
助監督 小笠原佳文

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 花のお江戸の釣りバカ日誌