TOP > 上映中の映画作品を探す > 闇を見つめる瞳

養子に迎えられた少女の前に現れる彼女の実の両親のサイコな犯罪者夫婦がもたらす恐怖を描くスリラー。監督は「ウルフ」(脚本)のウェズリー・ストリック。脚本はマイケル・オーバック。撮影はボビー・ブコウスキー。音楽は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のグレアム・レヴェル。出演は「悲しき酒場のバラード」のキース・キャラディン、「あなたに逢いたくて」のダリル・ハンナ、新人のジュリア・デヴァンほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

子宝に恵まれないラッセル(ヴィンセント・スパーノ)とダナ(モイラ・ケリー)の夫婦は養子として可憐な6歳の少女ジェニー(ジュリア・デヴィン)を引き取る。だが、親子として迎えた最初の晩から、ジェニーは「歯の妖精が私をつかまえにくる!」と脅える。それはジェニーの実の両親であるサイコな犯罪者カップル、ジョン(キース・キャラディン)とリーン(ダリル・ハンナ)のことだった。娘を取り戻すためには殺人でもなんでも手段を選ばない恐るべきふたりに対して、ラッセルとダナは命懸けでジェニーを彼らの手から守ろうとするのだった。

作品データ

原題 The Tie That Binds
製作年 1995年
製作国 アメリカ
配給 日本ビクター
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 闇を見つめる瞳