映画-Movie Walker > 作品を探す > ミスター・フリーダム

東西両陣営がしのぎを削る60年代のパリに送り込まれたアメリカの秘密組織エージェントのドタバタを通して、当時の世界情勢の軋轢や歪みをカリカチュアライズして描く1968年製作の作品。監督・脚本・デザインは、現代写真家の代表的存在であり、「ポリー・マグーお前は誰だ」などの映画監督作も多数あるウィリアム・クライン。本作は彼の長編劇映画第2作にあたる。製作はO.P.E.R.A. 撮影は「カミーユ・クローデル」のピエール・ロム。音楽は「スタン・ザ・フラッシャー」のセルジュ・ゲンスブール。彼は出演もしている。衣裳はジャンヌ・クライン。出演は「プレイタイム」のジョン・アビー、「インディア・ソング」のデルフィーヌ・セイリグ、「ハロウィン」のドナルド・プレザンス、「イル・ポスティーノ」のフィリップ・ノワレほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東西冷戦下の1960年代。アメリカの秘密エージェント、ミスター・フリーダム社は、共産主義粉砕のため、ヒーロー、ミスター・フリーダム(ジョン・アビー)をフランスに送り込む。かつての同志あっぱれ大尉(イヴ・モンタン)の死を知って怒りに燃えるフリーダムは、味方の地下組織と合流し、士気を高め合う。その後、彼はフランス諜報組織の親玉スーパー・フレンチマン、ソ連の秘密組織FAFのムージクマン(フィリップ・ノワレ)、レッド・チャイナマンらと接触するが、彼らの有無を言わせぬ言動にブチ切れ、退散に失敗して倒れてしまう。疲れ果て、仲間の女スパイ、マリー・マドレーヌ(デルフィーヌ・セイリグ)の元に帰ってきたフリーダムだが、彼女の息子に「ファシスト!」と言われ自信喪失。だが、何とか自信を取り戻して活動再開するフリーダム。しかし彼の行動は世の非難をあび、やがて自滅していくのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Mister Freedom
製作年 1968年
製作国 フランス
配給 大映
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ミスター・フリーダム