TOP > 上映中の映画作品を探す > マルセイユの恋

シングルマザーと過去を抱える男が織りなす大人のラヴ・ストーリー。監督は本作品が日本初公開となるロベール・ゲディギャン。脚本はゲディギャンとジャン=ルイ・ミレジィ。撮影はベルナール・カバリエ。出演はゲティギャン夫人のアリアンヌ・アスカリッド、「ネネットとボニ」のジェラール・メイランほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マルセイユの下町。ジャネット(アリアンヌ・アスカリッド)はスーパーマーケットで働きながら女手ひとつでふたりの子供を育てていた。ある日閉鎖寸前の工場からペンキ缶を失敬するところを守衛のマリウス(ジェラール・メイラン)に見つかってしまう。一匹狼を思わせる彼だが、翌朝彼女の家にペンキ缶を届けに来たことでふたりの交流が始まる。生活に追われ恋をすることすら忘れていたふたりはジャネットの子供や隣人たちの声援も受け、次第に関係が深まって行く。ところが隣人たちとのパーティーを境にマリウスはジャネットの前から姿を消す。ジャネットの落胆ぶりを見かねて隣人の男たちがマリウスを飲みに誘う。酒の勢いを借りて過去を吐き出すマリウス。彼は自分の運転する車で事故を起こし同乗していた妻子を亡くしていたのだった。悲しい過去に縛られた彼をジャネットが寝ているベッドに縛り付ける隣人の男たち。心憎い演出を機にふたりはよりを戻し、未来に向かって歩み出すのだった。

作品データ

原題 Marius et Jeannette
製作年 1996年
製作国 フランス
配給 シネカノン
上映時間 102
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > マルセイユの恋