映画-Movie Walker > 作品を探す > マッド・シティ > レビュー

投稿レビュー(3件)マッド・シティは星3つ

よく出来たお話し (投稿日:2016年5月24日)

近年観なくなって寂しいガブラスの悲壮ドラマ。
本当に良く練られた悲しき人間模様をユーモア交えてスリリングに描く。
トラヴォルタ好演!もっと評価されていい傑作! »ガイドライン違反報告

投稿:でーいー

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

過剰報道によって… (投稿日:2008年1月3日)

博物館で1人の男(ジョン・トラボルタ)が立てこもった。
男は言う。
「ワザとじゃないんだ…。成り行きで…。」
彼は自分の子供たちのために生活を守ろうと、博物館のオーナーと話し合いをしたかっただけだった。
博物館の中に偶然居合わせたあるテレビリポーター(ダスティン・ホフマン)は、犯人の事情を理解し、なんとか事態を良い方向に持っていこうとするが…。
犯人の人柄を語る“犯人が面識のない”犯人の親友、誤射の銃声によって彼を凶悪犯だと報道するテレビリポーター、事件解決より視聴率を稼ぐことを優先するテレビ局。
過剰な報道、信憑性の薄いインタビューで、事件は必要以上に大きくなり、犯人は自身の能力を越えた状況によって、精神的に追い詰められていく…。
この映画のラストのあたりで、ダスティン・ホフマン演じるリポーターがあるセリフを言う。そのセリフは(映画のネタバレになるので、記載はしないが)、まさにこの作品が呼びかけたいことそのものだ。
報道について見つめ直したい。そんな人におすすめの作品。 »ガイドライン違反報告

投稿:きっちゃん

評価:4
星評価

5人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

報道のあり方 (投稿日:2006年11月13日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

 この映画を通して、たぶん監督は「報道のあり方」を訴えたかったのだろう。この映画の中のサムも報道の被害者ということになるのであろう。報道によって、翻弄されていく様子をトラボルタが見事に演じてました。報道する側のダスティン・ホフマンも演技が上手いです。・・・がしかし正直なところ、何か「食い入る」ようには入り込めませんでした。 なぜだか考えた時に、何となく思うのは、『サムがカッっとなって元同僚を射殺してしまう。』という初期設定が何となく腑に落ちないからだと思う。(あまりにも現実的でないようなぁ) ただ、そのきっかけの射殺シーンさえ越えてしまえば、報道により翻弄される様子を細部まで描いていて、ラストシーンまでそこそこ楽しめる一本だと思います。 »ガイドライン違反報告

投稿:たけ

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マッド・シティ > レビュー