映画-Movie Walker > 作品を探す > フラバー

うっかり者の天才科学者が発明した夢の物質をめぐって巻き起こる騒動を描いたファンタスティック・コメディ。61年のディズニー映画「うっかり博士の大発明 フラバァ」(ロバート・スティーヴンソン監督)のリメイク。監督は「34丁目の奇跡」のレス・メイフィールド。製作は「101」(製作・脚本)のジョン・ヒューズと、「ジャック」のリカルド・メストレス。製作総指揮は「アダムス・ファミリー2」のデイヴィッド・ニックセイサミュエル・W・テイラーの短編『A Situation of Gravity』を原作に、脚本はヒューズが執筆(オリジナルにほぼ忠実な再映画化のため、クレジットは75年に亡くなった旧作の脚本家ビル・ウォルシュと連名)。撮影は「ミクロ・キッズ3」で監督デビューを果たした「アポロ13」のディーン・カンディ。音楽は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のダニー・エルフマン。美術は「ホーム・フォー・ザ・ホリディ」のアンドリュー・マッカルパイン。編集は「グレース・オブ・マイ・ハート」のハーヴェイ・ローゼンストックと「ジャングル2ジャングル」のマイケル・A・スティーヴンソン。衣裳はエイプリル・フェリー。SFXはフラバー関連をインダストリアル・ライト&マジック(ILM)、63年型サンダーバードが空を飛ぶシーンはドリーム・クエストがそれぞれ担当。主演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムス。共演は「この森で、天使はバスを降りた」のマルシア・ゲイ・ハーデン、「アンフォゲッタブル」のクリストファー・マクドナルド、「デッドマン・ウォーキング」のレイモンド・J・バリーほか。ちなみに旧作「うっかり博士の大発明 フラバァ」とその続編「フラバァ・デラックス」でヒロインを演じたナンシー・オルソンがフォード社の秘書役でカメオ出演。日本語吹き替え版も同時公開された。

3/5
総評価数 16
レビュー 0
投票 16
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (6)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (4)
星1つ 25% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

天才科学者フィリップ(ロビン・ウィリアムス)は透き通った緑色のゼリー状で弾力を無限に増幅する夢のエネルギー物質「フライング・ラバー」略してフラバーを発明したが、研究に没頭するあまり大学の経営者サラ(マルシア・ゲイ・ハーデン)との三度目の結婚式をすっぽかしてしまう。フィリップに愛想をつかしたサラはライバル大学の科学者クロフト(クリストファー・マクドナルド)とデート、今度のバスケの対抗試合で彼の大学が勝ったら、一緒に旅行することを約束した。フィリップはフラバーを利用して、バスケの試合を勝たせた。ふたりの仲を回復するが、そんなフラバーを悪用しようとした資産家のホーニッカー(レイモンド・J・バリー)とクロフトだが、逆にフラバーの力でこらしめられる。空飛ぶ車の開発し、経営危機に陥っていった大学を救ったふたりは南の島へ新婚旅行に飛び立った。

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

原題 Flubber
製作年 1997年
製作国 アメリカ
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > フラバー