TOP > 上映中の映画作品を探す > すべての道はローマへ

数学者と映画女優の珍道中を描いたコメディ。監督はジャン・ボワイエ。脚本は「われら巴里ッ子」のジャック・シギュール。撮影は「モンパルナスの灯」のクリスチャン・マトラ。音楽は「いとこ同志」のポール・ミスラキ。出演は「パルムの僧院」のジェラール・フィリップミシュリーヌ・プレールほか。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

豪華客船でボルドーにやってきた映画スターのローラ(ミシュリーヌ・プレール)。機密書類盗難事件で来ていた新聞記者が彼女に気づき、後を追う。一方学会出席のためローマへ向かっていた幾何学者ペガス(ジェラール・フィリップ)はローラがかけていた電話の内容を聞いて、彼女が命を狙われていると誤解してしまう。彼はローラに逃亡の手助けを申し出て、奇妙なローマ道中が始まる。ローラを追跡する新聞記者のせいで別々にローマ入りしたふたりだが、偶然にもローラが歌う仮装舞踏会とペガスが発表する学会は、同じホテルの隣り合ったホールだった。ローラの歌声で気もそぞろなペガスは、道中で助けてくれた大使(ジャック・ルヴィニ)が手渡したメモを間違えて朗読。ところがそれは盗まれたはずの機密書類だったため、会場は大混乱。そのドサクサの中でローラとペガスは再会、互いの心を確かめるのだった。

作品データ

原題 Tous les Chemins Menent a Rome
製作年 1948年
製作国 フランス
配給 セテラ
上映時間 97
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > すべての道はローマへ