映画-Movie Walker > 作品を探す > クライム タイム

猟奇殺人事件の再現番組を通じて交錯する連続殺人者を演じる新進俳優と本物の殺人者の姿を描いたニューロティック・スリラー。監督は「マイセン幻影」「失踪 妄想は究極の凶器」のジョルジュ・シュルイツァー。脚本はブレンダン・ソマーズ。撮影はジュリス・ヴァン・デン・スティーンホーヴェン。音楽はデイヴィッド・A・スチュワートで、主題歌をマリアンヌ・フェイスフルが歌う。出演は「サブダウン」のスティーヴン・ボールドウィン、「ブラス!」のピート・ポスルスウェイト、「ショッピング」のセイディ・フロスト、「ザ・プレイヤー」のカレン・ブラック、「アジアの瞳」のジェラルディン・チャップリンほか。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロンドン。電気修理工シドニー(ピート・ポスルスウェイト)は失明寸前の病妻(ジェラルディン・チャップリン)を抱えながら、女の眼球をくりぬくという猟奇殺人を続けていた。一方、殺人事件の再現番組『クライムタイム』の犯人役に起用されたボビー(スティーヴン・ボールドウィン)は迫真の演技で視聴率アップに大貢献。プロデュサーのミリー(カレン・ブラック)はほくそ笑むが、そんなボビーにシドニーも注目、ひそかに彼の電話をかける。こうしてふたりの秘められた関係がはじまった。シドニーは殺人を重ね、いつしかボビーも演技にのめりこむあまり、おのれが本当に殺人を犯していると錯覚するまでになる。やがてシドニーは不測の事態で殺人を中止、ふたりの微妙な関係はここで崩れ、ボビーは現実と虚像の不確かな境界に入り込むのだった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Crimetime
製作年 1996年
製作国 イギリス
配給 K2エンタテインメント
上映時間 117
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > クライム タイム