TOP > 上映中の映画作品を探す > アナスタシア

20世紀初頭、帝政ロシア最後の皇帝の末裔アナスタシアの冒険を描いたアニメーション大作。監督・製作はディズニー出身で「リトルフットの大冒険 謎の恐竜大陸」のドン・ブルースとゲーリー・ゴールドマンのコンビ。製作総指揮は「トイ・ストーリー」に参加したモーリーン・ドンリー。脚本はスーザン・ゴーシエブルース・グラハム、「ノートルダムの鐘」のボブ・ズディカーとノニ・ホワイト、アニメーション脚色はエリック・タックマン。オリジナル・スコアは「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」のデイヴィッド・ニューマンが手掛け、劇中の歌は作詞をリン・アハーンズ、作曲をスティーヴン・フラハーティ。声の出演は「恋におぼれて」のメグ・ライアン、「真夜中のサバナ」のジョン・キューザック、「バードケージ」のハンク・アザリア、「美女と野獣」の名優アンジェラ・ランズベリー、「アダムス・ファミリー」のクリストファー・ロイドほか。

3/5
総評価数 10
レビュー 0
投票 10
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (2)
見たい映画に
登録した人
7

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1916年、ロシア。皇帝のロマノフ一族は王制300年を祝う。そんな幸せも束の間、妖僧ラスプーチン(声/クリストファー・ロイド)が一族に呪いをかけた。ロシア革命が始まり、末娘アナスタシア(声/キルステン・ダンスト)は召使いの少年ディミトリのおかげで宮殿を抜け出すことが出来たが、ふたりは離ればなれに。革命から10年。セント・ペテルベルグ。18歳になる孤児アーニャ(声/メグ・ライアン)には子供の頃の記憶がなく、手元には「パリで会いましょう」と刻まれたネックレスだけ。パリへ向かうアーニャは、かつての王宮に住む若者ディミトリ(声/ジョン・キューザック)と知り合う。アーニャの脳裏に記憶の断片がよみがえる。ディミトリはアーニャを偽の皇女に仕立て、 ロマノフの生き残りのマリー皇太后(声/アンジェラ・ランズベリー)から謝礼金を巻き上げようと、彼女の旅に同行。一方、蝙蝠のバルトーク(声/ハンク・アザリア)からの知らせでラスプーチンが執拗に追跡、一行は苦難の末、ようやくパリにたどりついた。ディミトリはアーニャが本当のアナスタシアであることに気付き、彼女に恋をした。ディミトリはマリーにアーニャを引き合わせ、アーニャは全ての記憶が蘇った。謝礼を受け取らずにディミトリは去った。マリーはディミトリの本当の気持ちを知る。アナスタシアの社交界デビューの日、そこにもラスプーチンの魔の手がしのびよる。間一髪のところにアナスタシアを助けにディミトリが帰ってきた。アナスタシアたちは力を合わせ、ラスプーチンの野望を打ち砕く。王冠を手にしたアナスタシアだったが、彼女はディミトリと一緒に生きることを選ぶのだった。

作品データ

原題 Anastasia
製作年 1997年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > アナスタシア