映画-Movie Walker > 作品を探す > 6デイズ/7ナイツ

南海の孤島に不時着した男女が必死で脱出を図る姿を軽快なタッチで描く冒険アクション。監督は「ファーザーズ・デイ」のアイヴァン・ライトマン。脚本はマイケル・ブラウニング。製作はライトマンと「G.I.ジェーン」のロジャー・バーンバウム、「ドロップゾーン」のウォリス・ニシタ。製作総指揮は「ファーザーズ・デイ」の・ジョー・メジャックダニエル・ゴールドバーグ、「G.I.ジェーン」のジュリー・バーグマン・センダー。撮影は「SPACE JAM」のマイケル・チャップマン。音楽は「アナコンダ」のランディ・エルマン。美術は「リーサル・ウエポン4」のJ・マイケル・リーヴァ。衣裳は「スフィア」のグロリア・グレシャム。主演は「エア・フォース・ワン」のハリソン・フォードと「フェイク」のアン・ヘッシュ。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 29
レビュー 0
投票 29
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 5% (1)
星4つ 16% (3)
星3つ 100% (18)
星2つ 27% (5)
星1つ 11% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

流行雑誌の編集者ロビン(アン・ヘッシュ)は、恋人フランク(デイヴィッド・シュワイマー)とマカテア島への7泊6日のバカンスに出かける。ところが、飛行場に待っていたのは壊れそうなチャーター機と無骨なパイロット、クイン(ハリソン・フォード)。不安になりながらも乗り込んだロビンたちは、なんとか無事島にたどりつく。フランクのプロポーズに気をよくしていたアンだが、急な仕事でタヒチまで戻らなくてはならなくなり、クインに無理矢理連れていってもらう。ところが、運悪くチャーター機は墜落、クインとロビンは無人島に不時着する。気の強いニューヨーカーと、傍若無人なパイロットの相性は最悪。たった一発の発煙筒も誤って使ってしまい、二人は外界から隔絶される。ケンカを繰り返しながら困難を乗り越える二人だったが、海賊船の上で殺人が起きたところを偶然目撃し、海賊に追われるはめに。だが、壊れたチャーター機を補修するための古いゼロ戦の機体を見つける。一方、ロビンたちが消息を絶ったことを知ったフランクは哀しみのあまり、副操縦士のグラマーなアンジェリカ(ジャクリーン・オブラドーズ)と寝てしまう。ロビン、クインは飛行機を補修、追撃する海賊たちの砲弾を交わし、マカテア島に帰り着く。二人はそれぞれにひかれあっていたが、進展はないままロビンの帰国の日が迫る。だが、思いを断ち切れなかったロビンはフランクとの婚約を解消し、島に残る。そこヘクインも駆けつけ、二人は抱き合うのだった。

見たい映画に
登録した人
22

作品データ

原題 Six Days Seven Nights
製作年 1998年
製作国 アメリカ
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
上映時間 101
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 6デイズ/7ナイツ