TOP > 上映中の映画作品を探す > アパッショナート

美しき人妻に情熱を燃やす純粋すぎる青年の姿を描いたラヴ・ストーリー。監督・脚本・台詞は『アメリカから来た男』(91年東京国際映画祭で上映)のアレッサンドロ・ダラトリ。製作はマルコ・ポッチョーニマルコ・ヴァザラーニャ。製作総指揮はクラウディオ・グラゼッティ。撮影はクラウディオ・コッレピッコロ。音楽はモーニ・オヴァディア。編集はチェチーリア・ザヌーゾ。美術はフランチェスコ・プリオーリ。衣裳はパオラ・ボヌッツィ。出演は「愛のめぐりあい」のキム・ロッシ=スチュワート(劇中の詩も)、「川のうつろい」のアンナ・ガリエナ、「遥かなる帰郷」のマッシモ・ギーニほか。

1/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ごく平凡な人妻のジーナ(アンナ・ガリエナ)は、謎の送り主から美しい詩で綴られたラヴレターを受け取るようになった。夫リカルド(マッシモ・ギーニ)は、送り主の正体が純粋すぎる青年サヴェリオ(キム・ロッシー=スチュワート)だと突き止めた。彼が危険な存在でないと分かったジーナは彼に自宅の温室で植物の世話の仕事を頼むが、それが彼の熱情をさらに高めてしまう。ある日サヴェリオは温室に来たジーナにキスを迫り、彼女はその願いを受け入れてしまう。だが、その日からジーナはサヴェリオを避けるようになった。サヴェリオはジーナをさらに熱く追い求めるがやがて破局を迎え、彼は傷つくことで成長を遂げるのだった。

作品データ

原題 Senza pelle
製作年 1994年
製作国 イタリア
配給 クレストインターナショナル
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > アパッショナート